ITF(国際テニス連盟)14才以下国別対抗戦「ワールドジュニア 決勝大会」(チェコ・プレステヨフ/8月6日~11/クレーコート)の大会2日目は、男女の予選リーグ第2戦が行われた。

 グループAで第6シードの日本女子は、ブルガリアに2勝1敗で競り勝ち2連勝を飾った。第1シードのチェコとともに予選リーグ2勝目を挙げた日本はグループ2位以上を確定させ、決勝トーナメント進出を決めた。

 日本はアジア・オセアニア予選(タイ・ノンタブリー/4月2~7日/ハードコート)で準優勝を果たし、2年ぶりに決勝大会に進出した。

※[ ]数字はシード順位

ワールドジュニア女子日本代表

監督◎中山芳徳
選手◎久保杏夏(T-Step)、古賀彩花(吉田記念テニス研修センター)、虫賀心央(名古屋LTC)

予選リーグ第2戦結果|女子

グループA

○チェコ(2勝)[1] 2-1 ●モロッコ(2敗)

○日本(2勝)[6] 2-1 ●ブルガリア(2敗)

S2 ●古賀 4-6 1-6 ○Denislava GLUSHKOVA
S1 ○久保 6-2 0-6 6-4 ●Katerina DIMITROVA
D ○久保/虫賀 7-6(5) 4-6 [12-10] ●DIMITROVA/GLUSHKOVA

グループA|暫定順位

1位 日本(2勝)
2位 チェコ(2勝)
3位 ブルガリア(2敗)
4位 モロッコ(2敗)

グループB

○ウクライナ(2勝)[4] 3-0 ●アルゼンチン(2敗)[7]

○台湾(2勝)2-1 ●カナダ(2敗)

グループC

○ロシア(2勝)[3] 3-0 ●中国(2敗)[5]

○ベルギー(2勝)3-0 ●ボリビア(2敗)

グループD

○アメリカ(2勝)[2] 3-0 ●タイ(2敗)

○トルコ(2勝)[8] 3-0 ●ベネズエラ(2敗)

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.