カナダ・モントリオールで開催されている「ロジャーズ・カップ」(WTAプレミア5/8月6~12日/賞金総額282万ドル/ハードコート) の女子シングルス3回戦で、昨年のUSオープン・チャンピオンのスローン・スティーブンス(アメリカ)が予選を勝ち上がったカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)を6-2 7-5で破り、準々決勝に進出した。

 スティーブンスは第2セットで5-1とリードし、勝利に向け楽々と突き進んでいるように見えていたが、スアレス ナバロがそこから挽回してスコアは5-5に。しかし、スティーブンスは次のサービスをブレークして6-5とし、4ポイントを連取して試合を終わらせた。最後は、鋭いフォアハンドのクロスでとどめを刺した。

「たぶん、昔の私だったら、あそこでびびってしまっていたかもしれないわね」とスティーブンスは言った。

「私は、『OK、構わないわ、彼女にはいいプレーをする権利がある。ただ立て直せばいいのよ』という感じで、実際、その通りにした。そうすることができてうれしいわ」

 現在世界3位の25歳、スティーブンスは3月にマイアミで優勝し、フレンチ・オープンでは決勝で世界1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)に敗れていた。

 彼女は次の準々決勝で、アナスタシア・セバストワ(ラトビア)と対戦する。セバストワは、第10シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)を6-3 7-6(2)で倒して勝ち上がった。19位のセバストワは、先月のブカレストで優勝していた。

 第15シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)は、アリゼ・コルネ(フランス)を7-6(3) 6-4で倒した。

 雨のせいで遅れて行われた2回戦では、ハレプがアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)に7-6(9) 4-6 7-5で競り勝った。また、ジョハナ・コンタ(イギリス)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を6-3 6-1で下し、第13シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)はソラナ・シルステア(ルーマニア)を7-6(4) 6-4で退けた。

 降雨によるスケジュールのずれ込みで何人かの選手はダブルヘッダーを強いられており、コンタは同日のより遅い時間帯に前年度覇者のエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)との3回戦を戦い、3-6 4-6で敗れた。また、やはり同日のナイトマッチで、ハレプはビーナスを6-2 6-2で破った。

 そのほか、2回戦で第2シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)がアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)に7-5 2-6 6-7(4)で逆転負けを喫したほか、3回戦では第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)がキキ・バーテンズ(オランダ)に3-6 2-6で、マリア・シャラポワ(ロシア)は第6シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)に3-6 2-6で、いずれもストレート負けした。(C)AP(テニスマガジン)

準々決勝

シモナ・ハレプ(ルーマニア)[1] vs カロリーヌ・ガルシア(フランス)[6]

アシュリー・バーティ(オーストラリア)[15] vs キキ・バーテンズ(オランダ)

アナスタシア・セバストワ(ラトビア)vs スローン・スティーブンス(アメリカ)[3]

エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)[5] vs エリース・メルテンス(ベルギー)[14]

※[  ] 内の数字はシード順位

※写真はシモナ・ハレプ(ルーマニア)
MONTREAL, QC - AUGUST 09: Simona Halep of Romania celebrates after defeating Venus Williams 6-2, 6-2 during day four of the Rogers Cup at IGA Stadium on August 9, 2018 in Montreal, Quebec, Canada. (Photo by Minas Panagiotakis/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.