カナダ・トロントで開催されている「ロジャーズ・カップ」(ATPマスターズ1000/8月6~12日/賞金総額593万9970ドル/ハードコート)の男子シングルス3回戦で、19歳のステファノス・チチパス(ギリシャ)がウインブルドン・チャンピオンのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6-3 6-7(5) 6-3で倒す番狂わせに成功した。

 チチパスは、第9シードのジョコビッチのサービスを第3セットの序盤にブレークし、そこから自分のサービスをすべてキープして、マスターズで初となる準々決勝進出を決めた。

 ロジャーズ・カップで4度優勝した経験を持つジョコビッチは、その暖かく、風のある午後、ヨーク大学キャンパスにあるアビア・センターで、試合が終わりにさしかかるにつれ次第に力を弱めていった。チチパスは、強烈なクロスのウィナーを決めてマッチポイントをつかみ、2時間17分で勝利を完了させた。

 そのほかの試合では、第5シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)がフランシス・ティアフォー(アメリカ)との死闘に7-6(1) 3-6 7-6(4)で競り勝った。また、第4シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)が予選を勝ち上がったイリヤ・イバシカ(ベラルーシ)を7-5 6-3で、第6シードのマリン・チリッチ(クロアチア)は第11シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-3 6-2で退けた。

 前年度覇者のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は、予選勝者のダニール・メドベデフ(ロシア)を6-3 6-2で倒した。

 世界1位のラファエル・ナダル(スペイン)と元世界3位で現在195位のスタン・ワウリンカ(スイス)が対戦した注目の試合はナイトマッチで行われ、7-5 7-6(4)でナダルが勝利した。試合時間は2時間8分だった。(C)AP(テニスマガジン)

準々決勝

ラファエル・ナダル(スペイン)[1] vs マリン・チリッチ(クロアチア)[6]

ロビン・ハッサ(オランダ)vs カレン・ハチャノフ(ロシア)

グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[5] vs ケビン・アンダーソン(南アフリカ)[4]

ステファノス・チチパス(ギリシャ)vs アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[2]

※[ ] 内の数字はシード順位

※写真は試合後のラファエル・ナダル(スペイン/右)とスタン・ワウリンカ(スイス)
TORONTO, ON - AUGUST 09: Rafael Nadal (R) of Spain celebrates victory against Stan Wawrinka of Switzerland during a 3rd round match on Day 4 of the Rogers Cup at Aviva Centre on August 9, 2018 in Toronto, Canada. (Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.