カナダ・トロントで開催された「ロジャーズ・カップ」(ATPマスターズ1000/8月6~12日/賞金総額593万9970ドル/ハードコート)の男子シングルス決勝で、世界1位のラファエル・ナダル(スペイン)がノーシードのステファノス・チチパス(ギリシャ)を6-2 7-6(4)で破り、80回目のATPツアー・タイトル獲得を果たした。この日はチチパスの20歳の誕生日だった。

 ナダルにとってこの優勝は今大会4度目で今季5勝目、そしてマスターズ(ATP1000)のタイトルは33度目のものとなる。

「2週間前に誰かにこうなると言われたら、僕は信じなかっただろう」とナダルは言った。

「これは素晴らしいハードコート・シーズンの始め方だ。トロントで勝つことは非常に重要だ。マスターズは、そう頻繁に勝てるものじゃない。僕にとって非常に重要な勝利であり、この優勝をすごくうれしく思う」

 32歳のスペインのスターは、2005年(モントリオール)、2008年(トロント)、2013年(モントリオール)にもロジャーズ・カップ優勝を遂げていた(同大会はトロントとモントリオールで隔年で開催されている)。ナダルのこれに先立つ今年の4タイトルは、フレンチ・オープン、モンテカルロ、バルセロナ、ローマと、すべてクレーコートでのもので、彼はバルセロナの決勝でもチチパスを倒していた。

 チチパスは、1990年にATPツアーが創設されて以来、一大会で4人のトップ10プレーヤーを連続で破った最年少プレーヤーとして、この決勝に乗り込んできた。彼はこの名誉ある進撃を第7シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を倒すことから始め、それから第9シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、第4シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)をノックアウトした。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はラファエル・ナダル(スペイン)
TORONTO, CANADA - August 12: Images of championship winner Rafael Nadal of Spain celebrating afer his match against finalist Stefanos Tsitsipas of Greece on Day Seven at the Rogers Cup on August 12, 2018 in Toronto, Canada (Photo by Peter Staples/ATP World Tour via Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.