「ウェスタン&サザン・オープン」(アメリカ・オハイオ州シンシナティ/8月12~19日/賞金総額633万5970ドル/ハードコート)に、日本の錦織圭(日清食品)が出場する。世界ランク22位(8月6日付)の錦織はノーシードとなり、初戦の対戦相手は20歳のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)に決まった。両者は今回が初対戦となる。

 今大会に2年ぶり5度目の出場となる錦織は、2度の3回戦進出(2012年、16年)がこれまでの最高成績。昨年は大会前の練習中に右手首を負傷したため、欠場していた。

 そのほかの日本勢は、マクラクラン勉(日本)がマットヴェ・ミドルコープ(オランダ)とのコンビでダブルスに出場。初戦の対戦相手は、マルコ・チェッキナート(イタリア)/ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)となっている。

 予選には日本勢3人が出場していたが、第10シードの杉田祐一(三菱電機)と第12シードのダニエル太郎(エイブル)が1回戦で、西岡良仁(ミキハウス)は予選決勝で敗れていた。

 ウェスタン&サザン・オープンはATPツアーで年間9大会行われるマスターズ1000シリーズの第7戦目で、シングルス56ドロー、ダブルス24ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、PRはプロテクト・ランキング(ケガなどで長期休養を余儀なくされた選手への救済措置)

日本人選手予選結果

予選決勝

●27西岡良仁(ミキハウス)[PR] 6-4 6-7(1) 2-6 ○25ダニール・メドベデフ(ロシア)[7]

予選1回戦

●28杉田祐一(三菱電機)[10] 7-6(1) 3-6 3-6 ○27西岡良仁(ミキハウス)[PR]

●8ダニエル太郎(エイブル)[12] 6-7(5) 3-6 ○7イボ・カルロビッチ(クロアチア)

上位出場選手シード順位|シングルス

ラファエル・ナダル(スペイン)[1]※疲労により欠場
ロジャー・フェデラー(スイス)[2]
アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[3]
フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)[4]
グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[5]
ケビン・アンダーソン(南アフリカ)[6]
マリン・チリッチ(クロアチア)[7]
ドミニク・ティーム(オーストリア)[8]

※写真はトロントの大会での錦織圭(日清食品)
TORONTO, ON - AUGUST 07: Kei Nishikori of Japan looks on while playing against Robin Haase of The Netherlands during a 1st round match on Day 2 of the Rogers Cup at Aviva Centre on August 7, 2018 in Toronto, Canada. (Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.