「ウェスタン&サザン・オープン」(ATP1000/アメリカ・オハイオ州シンシナティ/8月12~19日/賞金総額633万5970ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、錦織圭(日清食品)が20歳のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)を7-5 6-3で破り、初戦を突破した。試合時間は1時間32分。

 今大会に2年ぶり5度目の出場となる錦織は、2度の3回戦進出(2012年、16年)がこれまでの最高成績。昨年は大会前の練習中に右手首を負傷したため、欠場していた。

 両者は今回が初対戦。前週のトロント(ATP1000/ハードコート)で初戦負けを喫していた錦織は、3試合ぶりのマッチ勝利を挙げた。

 錦織は2回戦で、第12シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)とワイルドカード(主催者推薦枠)のスタン・ワウリンカ(スイス)の勝者と対戦する。

※写真は錦織圭(日清食品)
MASON, OH - AUGUST 13: Kei Nishikori of Japan returns a shot to Andrey Rublev of Russia during Day 3 of the Western and Southern Open at the Lindner Family Tennis Center on August 13, 2018 in Mason, Ohio. (Photo by Rob Carr/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.