「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '18 supported by NISSHINBO」(大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター、江坂テニスセンター/8月8~17日/ハードコート)の大会8日目は、靱会場でU18のシングルス準々決勝およびU16、U14、U12の単複準決勝が行われた。

 まずU18だが、第1シードの内藤祐希(関東/TEAM YONEZAWA)が直前に欠場し、第2シードの佐藤南帆(関東/有明ジュニアTA)が3回戦で途中棄権したこともあって、少々波乱の展開だ。

 下の山からは、第3シードの川村茉那(関東/CSJ)と第7シードの坂詰姫野(北信越/Team YUKA)という上位常連が勝ち上がってきたが、上の山からは13シードの小林ほの香(関東/荏原SSC)とノーシードの猪川結花(中国/岡山学芸館高)が準決勝に進出。猪川は、3回戦で第5シードの阿部宏美(東海/愛知啓成高)を破り、準々決勝では第4シードの佐藤久真莉(関東/CSJ)に勝ってきた第16シードの中島美夢(関西/トップランAIOI)を退けた。

 U16では、昨年同じカテゴリーで準優勝した第1シードの今村咲(関西/パブリックテニス小倉)が苦しみながらも第4シードの新見小晴(中国/柳生園TC)に4-6 6-3 6-4の逆転勝ちをおさめ、2年連続の決勝進出を決めた。昨年逃した優勝をかけて戦う相手は、第3シードの石橋彩由(関東/アートヒルTC)に決まった。石橋は、昨年U14を制した第8シードの松田絵理香(関東/レニックスTS)との準決勝を6-4 6-0で制した。

     ◇     ◇     ◇

 昨年ノーシードから決勝に進出した今村は、「去年はノンプレッシャーで先手を仕掛けることができたけど、今年はなかなか思い通りにいかない」と自身のプレーに不満をこぼす。準決勝も新見に大いに苦しめられた。

 第1セットを4-6で落とし、第2セットも先にブレークを許して0-2。大きな声を出して気迫を露わにする新見の流れだったが、ここでようやく今村にもスイッチが入った。

「落ち込んでる場合じゃない、徹底的に目の前のことをやるしかないと思った」と、すぐにブレークバックに成功。2-2からふたたびブレークを許したが、そこから4ゲームを連取し、ファイナルセットを6-4でものにした。

 167cmと長身の今村に対して、新見は155cmと小柄だ。「大きい子たちにパワーではかなわない。相手を崩していくテニスが私の長所」と新見。相手の長所、短所を見極め、緩急や回転を駆使して「崩す」のだという。

 自分のテニスは十分に出せたと振り返ったが、今村を崩しきれなかった。今村は、過去の対戦から新見のテニスを知り、厄介さは覚悟していただけに、窮地に立たされても冷静になれたのだろう。明日の決勝は「楽しみたい」と笑顔を見せた。

(ライター◎山口奈緒美)

※写真は16歳以下女子シングルス決勝に進出した第1シードの今村咲(関西/パブリックテニス小倉)
撮影◎井出秀人

This article is a sponsored article by
''.