「平成30年度 全日本学生テニス選手権大会(男子86回/女子62回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~20日/ハードコート)の本戦4日目。

 女子は単複の2回戦が行われる予定だったが、雨天の影響でダブルス2回戦は全試合順延となり、シングルスは前日から順延となった14試合が行われ、ベスト32が決まった。

 予選突破の斉藤佳帆(明治大4年)が大きな勝利を挙げた。昨年末のインカレ室内ファイナリストで第2シードの上唯希(早稲田大4年)に3-6 6-4 7-6(2)。試合後は「まだ勝った実感がないんですけど、集中して戦うことができました」と笑顔が弾けた。

 最終セット5-4の第10ゲームで3つのマッチポイントを逃すと、5-6の第12ゲームでは逆にマッチポイントを握られた。それでも「今度は私の番と思って強気でいった」と攻め込んでタイブレークに持ち込み、決着をつけた。

 昨日は、ダブルスのパートナーでもある後輩の宮田みほ(明治大3年)が昨年の覇者で第1シードの清水映里(早大2年)を下す大金星を挙げていた。「とても刺激になったし、主将として、私も頑張ろうと思った」と斉藤が言う。明治大が2日連続で早大のトップ2をなぎ倒した。

画像: 第2シードの上は初戦敗退に終わった

第2シードの上は初戦敗退に終わった

 早大は清水、上のトップ2シードに続き、第7シードの大河真由(3年)も2回戦で姿を消した。ノーシードの浦上喜帆(大教大2年)を相手にスコアは0-6 6-3 2-6。上位10シードに3人を送り込んだ早大だが、ひとりも勝利を挙げられなかった。

「挑戦者のつもりで思いきって戦った」とレフティーの浦上。1年生の昨年は出場できず、これが初出場。左右にパワフルなストロークを打ち込み、常に攻めの気持ちを忘れなかった。大会前の目標は初戦突破だったが、これで2連勝。「ひとつひとつ目の前の試合を勝っていきたい」と謙虚に話した。

画像: インカレ初出場の浦上が3回戦へ

インカレ初出場の浦上が3回戦へ

 明日の女子は、シングルス3回戦とダブルスの2回戦が、それぞれ16試合行われる。試合開始時間は9時の予定。

(編集部◎牧野 正 写真◎BBM)

※トップ写真は、勝利を決めた瞬間の斉藤佳帆(明治大)

This article is a sponsored article by
''.