「平成30年度 全日本学生テニス選手権大会(男子86回/女子62回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~20日/ハードコート)の本戦4日目。

 男子は単複の2回戦が行われる予定だったが、雨天の影響でダブルス2回戦は全試合が順延となり、シングルス2回戦32試合が行われ、ベスト32が出揃った。

 第1シードの千頭昇平(早大2年)は予選勝者の藪巧光(法大3年)を6-2 6-3のストレートで退けた。試合後は「まずますのスタート。優勝よりも、とにかくいいコンディションで戦っていきたい」と静かに話した。

 本来なら予選からの挑戦だった。昨年チャンピオンの島袋将(早大3年)がアジア大会に出場するため欠場となり、本戦に繰り上がった。島袋とのダブルスは流れたが、「シングルスに集中できる」と前向きに考えている。

 昨年末のインカレ室内で千頭を破って優勝した田中優之介(早大2年)が第2シードに座る。2回戦は前﨑直哉(法大4年)に7-6(4) 7-6(11)で勝利したが、第2セットは5-3の40-0からブレークされて、そこからもつれたのが反省点だろう。

 上位10シードの中で唯一の黒星は第6シードの山尾玲貴(関大2年)。室内コートで予選突破の山﨑瑛二(慶大4年)に4-6 7-5 4-6の惜敗だった。

 1年生の奮闘が目立った。相馬光志(福岡大1年)はセンターコートで第4シードの小林雅哉(早大3年)と対決。第2セットをタイブレークで奪い、最終セットも5-5まで競り合ったが、最後はサービスが崩れ、4-6 7-6(6) 5-7で敗者となった。

画像: 柳川高(福岡)から地元の福岡大に進学した相馬

柳川高(福岡)から地元の福岡大に進学した相馬

 羽澤慎治(慶大1年)は2回戦で同じ慶應、しかも主将の中村進之介(4年)と対戦。得意のネットプレーに加え、磨きのかかったストロークで先輩を7-5 6-3で下し、3回戦進出を決めた。羽澤は明日の3回戦も、先輩で第11シードの今村昌倫(2年)と対戦する。

画像: 予選を突破し、3回戦に駒を進めた羽澤

予選を突破し、3回戦に駒を進めた羽澤

 1年生でベスト32に残ったのは羽澤のほか、田形諒平(筑波大)と松田龍樹(近大1年)の計3人。田形は第11シードの松本樹(近大3年)を3-6 6-4 6-2で下し、松田は井上友(広島大3年)を7-6(5) 6-3で退けた。

 明日の男子は、シングルス3回戦16試合、ダブルス2回戦16試合が行われる予定。試合開始は9時。

(編集部◎牧野 正 写真◎BBM)

※トップ写真は、3回戦進出を決めた第1シードの千頭昇平(早大2年)

This article is a sponsored article by
''.