「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '18 supported by NISSHINBO」(大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター、江坂テニスセンター/8月8~17日/ハードコート)の大会9日目は、靱会場でU18のシングルス&ダブルス準決勝およびU16、U14、U12の単複決勝が行われた。

 U18男子は第1シードの田島尚輝(関東/TEAM YONEZAWA)が第8シードの川上倫平(関東/荏原SSC)を6-1 6-0と圧倒し、第2シードの藤原智也(関西/東山高)は第14シードの山中太陽(関西/西宮TC)との16歳対決を6-3 5-7 6-1で制した。

     ◇     ◇     ◇

 昨年のU16で決勝を戦った山中と藤原の準決勝対決が注目された。ともに来月が誕生日という16歳同士。昨年優勝したのは山中だが、藤原は年末のJOC杯全日本選抜室内のチャンピオンだ。

 期待を裏切らない好試合となった。終盤までは…。第1セットを6-3で藤原。第2セットも5-4でサービング・フォー・ザ・マッチを迎えたが、山中が土壇場のブレークバックを果たす。持ち味の攻撃的なフォアハンドが炸裂し、ドロップショットもロブも追いかける執念のプレーでの4ゲーム連取だった。最終セットに突入したときは山中の流れかと思われたが、勝負は思いがけない展開に。

 股関節の痙攣で動けなくなった山中は、1-4のチェンジエンドで処置を受けるも回復はしなかった。スコアだけが進行し、最後はネットでの握手もできず、車椅子での退場となった。

「ここでやめたら相手に申し訳ない。100%負けるのはわかっていたけど、ちゃんと負けようと思った」

 山中はあとでそう語ったが、相手にとってはむしろやりにくいものだ。藤原は藤原で、よくその困難を乗り切った。

 決勝は第1シードの田島。準決勝では7月にプロ登録が承認されたばかりの川上を一蹴し、2年連続のU18での決勝進出。今年フレンチ・オープン・ジュニアのダブルスで優勝するなど、ジュニア大会とはいえ高いレベルで身につけたテクニッックやパワーを発揮し、自信漲るプレーを見せた。昨年は決勝で一つ上の清水悠太に敗れて準優勝に終わった田島にとっては、年下に負けるわけにはいかない。

(ライター◎山口奈緒美)

※写真は準々決勝での田島尚輝(関東/TEAM YONEZAWA)
撮影◎井出秀人

This article is a sponsored article by
''.