「平成30年度 全日本学生テニス選手権大会(男子86回/女子62回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~20日/ハードコート)の本戦5日目。女子はシングルス3回戦とダブル2回戦が行われ、単複のベスト16が決まった。

 第1シードの清水映里(早大2年)と第2シードの上唯希(早大4年)は初戦の2回戦で姿を消したが、第3シードの森崎可南子(筑大4年)は高橋玲奈(亜大4年)との3回戦を6-2 7-6(5)で制し、4回戦へ駒を進めた。

 会場のサーフェスは遅く、決して得意ではないが、我慢のテニスで勝利を収めた。「苦しいときに、どう耐えられるか」が現在のテーマ。トップ2シードが初戦で負けたことは「ちょっと驚いたけど、あまり関係ない」と森崎が言う。

 卒業後はプロ転向を考えているため、学生最大のタイトルは何としても手に入れたいところだろう。気負いはない。自分のプレーができれば結果はついてくると信じている。筑大からは同じ4年で第4シードの牛島里咲も3回戦を突破。決勝では「筑波対決を実現させたい」と言葉に力を込めた。

 森崎は今年の春季関東学生のチャンピオンだが、昨年のチャンピオンだったのが松田美咲(亜大2年)だ。その松田が第11シードの大矢希(早大4年)を6-2 6-7(4) 6-0で下して4回戦進出を決めた。

画像: 初出場のインカレでベスト16入りの松田

初出場のインカレでベスト16入りの松田

 松田は1年生にして春季関東学生で優勝を飾ったものの、その後は体調不良でテニスから離れていた。ようやくの復帰は今年3月から。大矢は今年の春季関東学生で完敗した相手でもあり、「リベンジできてうれしい。最終セットは自分のペースで戦えた」と笑顔を見せた。

 ベスト16に昨年のインターハイ王者が残った。慶大1年の平田歩で、予選からの快進撃だ。この日は昨年のベスト8で第6シードの藤原夕貴(姫路大3年)に6-1 6-0で打ち勝った。16強の中で唯一の1年生。明日の4回戦は第10シードの加藤慧(日大3年)と対戦する。

画像: 1年生の平田(写真右)が藤原を下して4回戦進出

1年生の平田(写真右)が藤原を下して4回戦進出

 明日の女子は、シングルス4回戦16試合、ダブルス3回戦8試合が行われる。試合開始時間は10時の予定

(編集部◎牧野 正 写真◎BBM)

※トップ写真は、3回戦を突破した第3シードの森崎可南子(筑大4年)

This article is a sponsored article by
''.