広島県の広島広域公園テニスコートを舞台に、「第45回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦)、通称「全中」が開催される。

試合方法◎団体戦は、単3本+複2本の合計5ポイント(試合順D2→D1→S3→S2→S1)の団体トーナメント。チーム編成は1チーム10名(最低7名)。1回戦~準決勝は1セットマッチ(6ゲームズオール後タイブレーク・システム)、決勝戦のみ8ゲームプロセットマッチ。1回戦は全ポイント行い、2回戦以降は勝敗決定後、打切り。次年度出場枠決定戦を行う(ただし、準決勝敗退校が同地区の場合は行わない)。

 以下は女子団体ドロー。校名の左数字はドロー番号、[ ] 数字はシード順位。

女子シード順位

[1] 城南学園(大阪)
[2] 桐光学園(神奈川)
[3-4] 川口市立小谷場(埼玉)
[3-4] 小平市立小平第二(東京)
[5-8] 富士見丘(東京)
[5-8] 浪速(大阪)
[5-8] 山陽女学園(広島)
[5-8] 大阪女学院(大阪)

女子団体

1城南学園(大阪)[1] vs 2学習院女子(東京)

3山形市立第六(山形)vs 4聖霊(愛知)

5札幌市立稲陵(北海道)vs 6大分市立大東(大分)

7広島市立大塚(広島)vs 8富士見丘(東京都)[5-8]

----------

9川口市立小谷場(埼玉)[3-4] vs 10高松市立香川第一(香川)

11椙山女学園(愛知)vs 12立命館宇治(京都)

13山陽女子(岡山)vs 14金沢市立高岡(石川)

15成蹊(東京)vs 16浪速(大阪)[5-8]

--------------------

17山陽女学園(広島)[5-8] vs 18同志社国際(京都)

19横浜市立金沢(神奈川)vs 20伊予市立港南(愛媛)

21岐阜市立長森(岐阜)vs 22雲雀丘学園(兵庫)

23札幌市立向陵(北海道)vs 24小平市立小平第二(東京)[3-4]

----------

25大阪女学院(大阪府)[5-8] vs 26明星(東京)

27いわき市立中央台北(福島)vs 28大分市立南大分(大分)

29金城学院(愛知)vs 30鯖江市鯖江(福井)

31高石市立取石(大阪)vs 32桐光学園(神奈川)[2]

This article is a sponsored article by
''.