広島県の広島広域公園テニスコートを舞台に、「第45回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦)、通称「全中」が開催される。

試合方法◎すべてトーナメント方式で、シングルスは1~4回戦、ダブルスは1~3回戦まで8ゲームプロセット。シングルスは準決勝より3セットマッチ(各セットとも6ゲームズオール後、タイブレーク・システム)。ダブルスは準決勝より3セットマッチ(1セットオール後、10ポイントのマッチタイブレーク)。ダブルスのペアは同一中学校であること。セットブレークルール採用。

 以下は男子シングルスドロー。名前の左数字はドロー番号、丸数字は学年、[ ] 数字はシード順位。

男子シングルス

1小泉熙毅③( 埼玉・新座市立新座)[1] vs 2山田雅貴③(岐阜・各務原市立鵜沼)

3清水勇至③( 埼玉・さいたま市立東浦和)vs 4植田涼太③(福岡・福岡教育大学附属福岡)

5塚本力樹③(茨城・取手市立藤代南)vs 6中本悠水③(広島・広島市立井口台)

7平川朝陽②(埼玉・加須市立加須西)vs 8若松玄登③(滋賀・滋賀県立守山)[9-16]

----------

9代島侑真③(東京・品川区立荏原平塚学園)[9-16] vs 10伊藤時空③(福岡・太宰府市立学業院)

11宮地吾侑③(愛知・名古屋)vs 12中村誠太郎③(京都・洛星)

13上田吏恩③(山口・宇部市立桃山)vs 14三好健太③(東京・三田国際学園)

15成松孝彦③(愛媛・愛媛県立松山西)vs 16堤隆貴③(三重・四日市市立西陵)[5-8]

--------------------

17菅谷優作③(宮城・仙台市立将監)[3-4] vs 18楠戸遥葵③(大阪・交野市立第四)

19亀井泰造③(栃木・宇都宮市立陽南)vs 20大場巧士③(静岡・磐田市立城山)

21髙悠亜③(広島・呉市立昭和北)vs 22薦田直哉②(徳島・徳島市国府)

23中島暁①(長野・塩尻市立丘)vs 24時岡宏斗③(埼玉・川口市立神根)[9-16]

----------

25森田皐介②(埼玉・本庄市立本庄東)[9-16] vs 26武田 昂祐③(宮城・仙台市立中田)

27高柳洸成③(大阪・吹田市立豊津)vs 28松田空②(北海道・室蘭市立東明)

29岩本晋之介③(島根・吉賀町立六日市)vs 30玉城勇稀③(沖縄・北谷町立北谷)

31白木幹人③(愛知・東海)vs 32吉田康浩③(埼玉・狭山市立柏原)[5-8]

--------------------

33有本響③(神奈川・川崎市立有馬)[5-8] vs 34開發陽平③(大阪・豊中市立第一)

35後藤健太②(静岡・清水町立南)vs 36柴田昂樹③(山口・防府市立桑山)

37松本洵③(石川・金沢市立兼六)vs 38今里翔吾③(長崎・長崎市立戸町)

39大島望③(香川・高松市立高松第一)vs 40松崎稜太朗③(茨城・土浦市立土浦第二)[9-16]

----------

41水口翔瑛③(兵庫・尼崎市立日新)[9-16] vs 42櫻田陽③(北海道・札幌市立向陵)

43坂本健英①(神奈川・相模原市立大野南)vs 44山中朝陽③(三重・鈴鹿市立大木)

45堤野竜司③(福岡・新宮町立新宮)vs 46佐藤隆矢③(宮城・仙台市立沖野)

47大下翔希②(広島・広島市立戸山)vs 48駒形怜哉③(東京・世田谷区立砧)[3-4]

--------------------

49石川真輝③(兵庫・神戸市立本山南)[5-8] vs 50矢崎斗弥③(埼玉・川口市立安行)

51田中佑③(石川・金沢大学人間社会学域学校教育学類附)vs 52野坂迅③(秋田・秋田市立秋田東)

53南颯汰③(愛知・幸田町立北部)vs 54丹下颯希③(愛媛・松山市立余土)

55長内大也③(宮城・仙台市立宮城野)vs 56笹元紀吾②(神奈川・秦野市立西)[9-16]

----------

57原﨑朝陽②(兵庫・尼崎市立成良)[9-16] vs 58上野山大洋③(群馬・前橋市立桂萱)

59加藤晃大③(愛知・名古屋市立川名)vs 60杉本耕基③(埼玉・川口市立八幡木)

61髙野志恩③(北海道・北海道教育大学附属函館)vs 62毛利仁嘉③(岡山・倉敷市立琴浦)

63中村修大③(京都・京都市立伏見)vs 64山田倫太朗③(東京・清瀬市立清瀬第二)[2]

This article is a sponsored article by
''.