広島県の広島広域公園テニスコートを舞台に、「第45回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦)、通称「全中」が開催される。

試合方法◎すべてトーナメント方式で、シングルスは1~4回戦、ダブルスは1~3回戦まで8ゲームプロセット。シングルスは準決勝より3セットマッチ(各セットとも6ゲームズオール後、タイブレーク・システム)。ダブルスは準決勝より3セットマッチ(1セットオール後、10ポイントのマッチタイブレーク)。ダブルスのペアは同一中学校であること。セットブレークルール採用。

 以下は男子ダブルスドロー。名前の左数字はドロー番号、丸数字は学年、[ ] 数字はシード順位。

男子ダブルス

1鹿川湧生③/福島奎汰③ (東京・江東区立深川第三)[1] vs 2森一樹③/森郁人②(奈良・香芝市立香芝西)

3田志祐輝③/大神照太②(福岡・宗像市立自由ヶ丘)vs 4廣本陽色③/田中優次②(広島・広島市立五日市)

5北尾有梧③/三代真大③ (徳島・鳴門教育大学附)vs 6南颯汰③/川田駿実③(愛知・幸田町立北部)

7長久保龍雅③/清水勇至③(埼玉・さいたま市立東浦和)vs 8永山寛基②/小嶋修史③(大阪府・浪速)[5-8]

----------

9伊藤詞童③/眞田将吾② (三重・エスコラピオス学園海星)[3-4] vs 10勝田匠③/岡部悠希③(東京・日本大学第三)

11長島陽来①/長島瑛理①(兵庫・神戸市立本山)vs 12山本慎之介①/山本寛大③(岡山・岡山市立建部)

13斎藤翔太③/佐々木康大③(新潟・新潟市立上山)vs 14中村誠太郎③/井上悠③(京都・洛星)

15佐藤徹平③/田原遼太郎②(静岡・御殿場市立南)vs 16小林拓矢②/田中岳太②(東京・聖徳学園)[5-8]

--------------------

17乾輝大③/山門祐輝②(京都・精華町立精華西)[5-8] vs 18町田悠太朗③/岩崎温生①(富山・富山大学人間発達科学部附)

19有本響③/山本拓①(神奈川・川崎市立有馬)vs 20五十嵐涼太①/根津圭佑②(宮城・仙台市立富沢)

21奥地佑都③/三木琢慈③(愛知・名古屋経済大学市邨)vs 22堤優希③/小林大空飛②(福岡・折尾愛真)

23宮崎夕③/植木響③(兵庫・神戸市立長坂)vs 24松崎稜太朗③/田子開翔②(茨城・土浦市立土浦第二)[3-4]

----------

25宮地吾侑③/伏見太杜③(愛知・名古屋)[5-8] vs 26髙田快②/髙見直良②(大分・別府市立山の手)

27佐藤駿真③/大山幹郎③(東京・葛飾区立金町)vs 28岩本晋之介③/河内優和③(島根・吉賀町立六日市)

29丸岡草太③/岸井颯汰③(大阪・枚方市立第四)vs 30櫻田陽③/鈴木央祐①(北海道・札幌市立向陵)

31大場巧士③/岩堀翔真②(静岡・磐田市立城山)vs 32大房陽向②/市田陽士②(千葉・松戸市立和名ヶ谷)[2]

This article is a sponsored article by
''.