「平成30年度 全日本学生テニス選手権大会(男子86回/女子62回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~21日/ハードコート)の本戦6日目。女子はシングルス4回戦、ダブルス3回戦が行われ、シングルスとダブルス、ともにベスト8が出揃った。
 
 ベスト16に残っていた唯一の1年生、平田歩(慶大)が第10シードの加藤慧(日大3年)を6-2 6-0で下し、ベスト8入りを決めた。この日も得意の強打が冴え、加藤を左右に振り回し、着々とポイントを重ねた。「完敗でした」と加藤も勝者を称えた。

「1年生なので何も失うものはないし、自分の出せる力を出しきろうと思っていた」と平田が言う。昨夏のインターハイを制し、この春から兄のいる慶大へ進んだ。「トレーニング量も増えて、練習も充実している」と、その成果を存分に発揮し、予選からの8強進出だ。

 第3シードの森崎可南子(筑大4年)はノーシードから勝ち上がった中沢夏帆(亜大4年)に0-6 5-7のストレート負け。第2セットは失ったリズムを取り戻そうと奮闘したものの、中沢のしつこい攻めにミスが出てしまった。

 勝った中沢は満面の笑み。何度も対戦しているが、一度も勝ったことはない。「チャンレンジャーのつもりで1ポイント1ポイントを戦い抜いた」と中沢。第2セットは4-1のリードから追い上げられたが、「強い相手だから仕方がない」と焦ることなく、決して引かなかった。

画像: 勝利を決めた瞬間の中沢

勝利を決めた瞬間の中沢

 第4シードの牛島里咲(筑大4年)は予選勝者でもある竹本琴乃(明大3年)に6-0 6-1で快勝。力強いプレーで2年連続でベスト8入りを決めた。

「しっかりと相手を見ながら戦うことができた」と牛島。フィジカルの強化がプレーの安定感につながっている。ネットへの意識も高く、チャンスでは果敢に前へ出ていく。プレーの幅が広がり、この日も常に試合の主導権を握っていた。

画像: オールラウンドなプレーで8強入りの牛島

オールラウンドなプレーで8強入りの牛島

 女子シングルスのベスト8には関東から5人、関西から3人が残った。早大はベスト16を前に全員が消え、上位10シードで残っているのは第4シードの牛島のみ。近年にない波乱の大会を制するのは、果たして誰になるのか。

 明日の女子は、シングルス準々決勝4試合、ダブルス準々決勝4試合が行われる。試合開始時間は10時の予定。

(編集部◎牧野 正 写真◎BBM)

※トップ写真は、ベスト8進出を決めた瞬間の平田歩(慶大1年)

This article is a sponsored article by
''.