「平成30年度 全日本学生テニス選手権大会(男子86回/女子62回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~21日/ハードコート)の本戦6日目。男子はシングルス4回戦、ダブルス3回戦が行われ、シングルスとダブルス、ともにベスト8が出揃った。
 
 第3シードの望月勇希(中央大3年)が第14シードの岡垣光祐(法政大2年)を6-1 7-5で下し、2年ぶりの8強進出。初戦の2回戦からセットを落とすことなく、安定した戦いぶりで勝利を積み重ねている。

 2年前には1年生にして準優勝を果たしたが、昨年は第1シードながら初戦敗退。スケジュール調整に失敗した。今回はその反省を生かし、万全を期して大会に臨んでいる。「ここまで順調です。1試合1試合を楽しむこと。(優勝は)その先にあると思っています」と話した。

 3年生にしてインカレ初出場の高村烈司(関大3年)もうれしい8強進出。3回戦で第2シードの田中優之介(早大2年)を倒した1年生の松田龍樹(近大)を0-6 6-2 6-3で退けた。

「第2セットからは自分のプレーで思いきって戦うことができた」と高村が言う。試合開始から7ゲーム連取されたが、頭は冷静だった。持ち味の速いテンポでポイントを重ね、追いつき、追い越した。自分でも驚きの、そして無欲のベスト8入りとなった。

画像: 過去2年は予選にも出場できなかった高村。3年生にして初出場から8強へ

過去2年は予選にも出場できなかった高村。3年生にして初出場から8強へ

 その高村と明日の準々決勝で対戦するのは羽澤慎治(慶大1年)だ。この日もまた慶大の先輩との対戦となり、畠山成冴(4年)を6-3 6-1で退けた。松田が敗れたため、ベスト8に残った唯一の1年生となった。「大会の雰囲気にも慣れてきて、試合を重ねるごとに(調子は)よくなっています」と力強く語った。

 ベスト8の最後の枠に飛び込んだのは齋藤聖真(早大4年)だった。東海チャンピオンの安田有賢(東海学園大4年)に7-5 2-6 7-6(3)と3時間半に及ぶ熱戦だった。

 最初に勝利に近づいたのは安田だった。昨日の3回戦で第4シードの小林雅哉(早大3年)を下した勢いを持続し、最終セットは5-1まで詰め寄った。だが、ここから両足太もものケイレンに襲われ、あと1ゲームがつかめなかった。

 齋藤はその隙を見逃さなかった。「まだチャンスはあると思った。自分のできることをやろうと思った」と言う。最後のインカレ。「悔いのないように終わりたい」と自分のプレーに徹し、ファイナルタイブレークを制して歓喜の瞬間を迎えた。

画像: 試合後の握手を交わす齋藤(左)と安田

試合後の握手を交わす齋藤(左)と安田

 安田は2年連続のベスト16。勝ちが見えていただけに「やっぱり悔しい」と肩を落としたが、小林から勝利し、斎藤を追い詰めたプレーは素晴らしかった。同じベスト16でも、その内容はまったく違う。東海に安田あり、と存在感を見せつけたのは間違いない。

 明日の男子は、シングルス準々決勝4試合、ダブルス準々決勝4試合が行われる。試合開始時間は10時の予定。

(編集部◎牧野 正 写真◎BBM)

※トップ写真は、第3シードからベスト8に進んだ望月勇希(中央大3年)

This article is a sponsored article by
''.