「平成30年度 全日本学生テニス選手権大会(男子86回/女子62回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~21日/ハードコート)の本戦7日目。女子はシングルスとダブルスともに準々決勝が行われ、ベスト4が決まった。

 上位10シードで唯一の生き残り、第4シードの牛島里咲(筑大4年)は第12シードの越野菜摘(関大3年)に6-2 6-1のストレート勝利。インカレは4年連続の出場だが、意外にも、これが初めての4強進出となった。

「動きもよく、落ち着いて戦うことができた」と牛島。勢いがあり、粘り強い選手と越野を警戒はしていたが、「自分のプレーをすることだけを心がけていた」。同じ筑波大4年の森崎可南子と同じく、卒業後はプロ転向を予定している。そのためにも学生最大のタイトルを手に入れておきたいだろう。

 1年生の平田歩(慶大)は今日も勝った。第13シードの小池颯紀(園田女子大3年)に6-4 7-5。平田は岡山、小池は広島出身で、ジュニア時代から何度も戦っているが、一度も勝ったことがなかったという。待望の初勝利に「うれしい」と笑顔を見せた。

 第2セットに入って勝ちを意識し、少し硬くなったものの、攻めの姿勢は忘れなかった。「最後は思いきっていけた」と平田。明日の準決勝は「昔からよく試合を見ていた」という牛島との大一番。「どこまで自分ができるか楽しみです」と口にした。

画像: 予選から快進撃が続く平田

予選から快進撃が続く平田

 ベスト4に亜細亜大から2人が入った。中沢夏帆(4年)と松田美咲(2年)。ともにノーシードからの勝ち上がりだ。準々決勝で中沢が伊藤沙弥(立命館大2年)を6-1 6-0で下せば、松田も村橋舞(立教大3年)を6-3 6-1で退けた。

「相手が無理をしているのがわかった」と中沢。得意のラリー戦に持ち込み、しっかりと展開をつくってミスを引き出した。「以前に比べて、やれることが増えた」から、自信を持って戦うことができている。

画像: 中沢はクレバーなテニスで4強進出

中沢はクレバーなテニスで4強進出

 松田は「結果はよかったけど、反省点も多かった。リードしても、すんなりと勝ちきれない」と課題を口にした。それでも左から繰り出す強打は、相手にとって十分な脅威になっている。村橋も粘り強く戦ったが、松田の力が上回った。

画像: 松田もストレート勝利でベスト4へ

松田もストレート勝利でベスト4へ

 準決勝は亜大の同士討ちとなる。いつの同じコートで練習している仲間だ。お互いが手の内は知り尽くしている。「どこまで自分が耐えられるか、凌げるかだと思う」と中沢。松田は「3月に負けているので何とかリベンジしたい」と言う。松田の力か、中沢の技か。楽しみな一戦となりそうだ。

 明日の女子は、シングルス準決勝2試合、ダブルス準決勝2試合が行われる。試合開始時間は10時の予定。

(編集部◎牧野 正 写真◎BBM)

※トップ写真は、第4シードから初のベスト4進出を果たした牛島里咲(筑大4年)

This article is a sponsored article by
''.