「平成30年度 全日本学生テニス選手権大会(男子86回/女子62回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~21日/ハードコート)の本戦7日目。男子はシングルスとダブルスともに準々決勝が行われ、ベスト4が決まった。

 予選から勝ち上がっている1年生の羽澤慎治(慶大)が高村烈司(関大3年)を6-1 6-2で下して4強一番乗りを決めた。得意のサービスが好調でオールキープの完勝。ブレークポイントすら与えなかった。

「フィジカルを鍛え、より動けるようになったので選択肢が広がった」と羽澤が言う。1年生とは思えない落ち着きで、コートでは堂々とプレーしている。敗れた高村は何とかラリー戦に持ち込んで勝機を見出そうとしたが、羽澤がそれをさせなかった。

 齋藤聖真(早大4年)は第13シードの高木修(近大3年)を相手に6-1 7-6(1)。「これまでで一番ラケットが振れていた」と会心の勝利。勝ちたい気持ちが強すぎたせいで、この数試合は身体が硬かったが、この日は「いい緊張感で」戦うことができた。

 4年前の高校最後の夏はインターハイの個人戦シングルスでベスト4に入っている。大学最後の夏も執念の4強進出。昨日の4回戦、最終セット1-5からの逆転勝利が大きい。もちろん、ここで満足するつもりはない。明日の準決勝は1年生の快進撃を止めて決勝へ進むつもりだ。

画像: 勝利への執念をたぎらせて齋藤が4強へ

勝利への執念をたぎらせて齋藤が4強へ

 第3シードの望月勇希(中央大3年)は第8シードの古田伊蕗(早大4年)を6-1 7-6(3)で退けた。第2セットは一進一退の攻防が続いたが、要所を望月がきっちりと決めて勝利をものにした。

「第1セットを取れていたから焦りはなかった」と望月が言う。敗れた古田は「大事なポイントでの精度はさすがだった」と勝者を称えた。優勝まで、あと2つに迫ったが、「優勝したい、勝ちたい、というより、誰にも負けたくない」と望月が言葉に力を込めた。

画像: 第3シードの望月。勝負どころは知り尽くしている

第3シードの望月。勝負どころは知り尽くしている

 準々決勝のラストマッチは、第15シードの逸崎凱人(慶大4年)と予選を突破した木元風哉(早大2年)で、これが4時間近いロングマッチとなった。

 第1セットは木元が6-3で奪えば、第2セットは逸崎が6-3で奪い返した。最終セットは5-3で逸崎が勝利に近づいたが、木元が3ゲーム連取で6-5と逆転。だが、逸崎も執念で勝負の行方をタイブレークに持ち込んだ。

 タイブレークも同じような展開だった。ポイント5-1から6-4と逸崎がマッチポイントを握る。これを木元がしのいで7-6とマッチポイントを奪い返す。最後は逸崎がサービスエースを決めて10-8で勝利をつかんだ。

画像: ファイナルタイブレークの激戦は逸崎(右)が制した

ファイナルタイブレークの激戦は逸崎(右)が制した

 明日の準決勝は、羽澤と齋藤の早慶対決と望月と逸崎のシード対決。4人ともシングルスのみとなり、誰が勝っても初優勝となる。

 明日の男子は、シングルス準決勝2試合、ダブルス準決勝2試合が行われる。試合開始時間は10時の予定。

(編集部◎牧野 正 写真◎BBM)

※トップ写真は、予選から4強に進んだ羽澤慎治(慶大1年)

This article is a sponsored article by
''.