ITF(国際テニス連盟)女子サーキット「セキショウ国際女子オープンテニストーナメント」(茨城県つくば市・筑波北部公園テニスコート/本戦8月21~26日/賞金総額2.5万ドル/ハードコート)の予選2日目は、シングルス予選決勝8試合が行われた。

 予選はシングルス32ドローで争われ、第1シードの華谷和生(三浦工業)、第2シードの本玉真唯(フリー)、第4シードのカリン・ケネル(スイス)、第6シードの荒川晴菜(フリー)、第7シードの小関みちか(フリー)、第14シードのヤン・イーディ(中国)、第16シードの鮎川真奈(エームサービス)、宗公美(東京都TA)が本戦入りを決めた。

 8月21日(火)から本戦がスタートする。初日は10時00分から、シングルス1回戦6試合とダブルス1回戦3試合が予定されている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

シングルス予選決勝

○1華谷和生(三浦工業)[1] 6-2 7-6(0) ●4輿石亜佑美(浦和麗明高校)[11]

○5本玉真唯(フリー)[2] 6-0 6-1 ●7寺見かりん(テニスユニバース)

○12ヤン・イーディ(中国)[14] 7-5 3-6 7-5 ●9大前綾希子(島津製作所)[3]

○13カリン・ケネル(スイス)[4] 7-5 7-6(1) ●16佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)[15]

------

○19宗公美(東京都TA)6-3 6-1 ●18西郷里奈(志津テニスクラブ)

○21荒川晴菜(フリー)[6] 4-6 6-3 6-3 ●24本藤咲良(フリー)[9]

○25小関みちか(フリー)[7] 6-3 7-5 ●28西本恵(島津製作所)[10]

○32鮎川真奈(エームサービス)[16/WC] 6-0 6-4 ●30永田杏里(南山高等学校女子部)

※写真はシングルス予選を突破した第2シードの本玉真唯(フリー)
写真提供◎関彰商事株式会社

This article is a sponsored article by
''.