「平成30年度 全日本学生テニス選手権大会(男子86回/女子62回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~21日/ハードコート)の本戦8日目。女子はシングルスとダブルスともに準決勝が行われ、決勝進出者が決まった。
 
 亜細亜大同士の激突となった準決勝、中沢夏帆(4年)と松田美咲(2年)のノーシード対決は、6-7(4) 6-1 6-3で松田が逆転勝利を飾った。

 第2セットからは「気持ちを入れ替えることができた」と松田。より強いスピンをかけてパワフルなボールを打ち込み、中沢のペースを崩すことに成功した。

 最終セットは2-0から3ゲームを連取されて2-3と逆転を許したが、そこから慌てることなく、気迫の4ゲーム連取で決着をつけた。「不甲斐ないミスが多かった」と反省を口にしたが、先輩を倒して堂々の決勝進出となった。

画像: 亜大対決を制して決勝へ進んだ松田

亜大対決を制して決勝へ進んだ松田

 第1セットをタイブレークで奪った中沢だが、「相手のミスに助けられただけ」と自分のプレーができていないことでリズムを失っていた。得意の展開力で勝負できず、最終セットは「少し引いてしまった」ところをもっていかれた。

「回転量がすごくて押されてしまった。本当に強かった」と中沢。スコア以上の差を感じたのだろう。それでも最後のインカレで大ブレークし、自身でも驚きの4強入り。「実感はないけれど、頑張れたと思います」と笑顔を見せた。

 もう一方の準決勝はセンターコートで行われ、第4シードの牛島里咲(筑大4年)が平田歩(慶大1年)を6-4 6-0で下し、決勝へ進んだ。牛島は5年前の、平田は昨年の、インターハイ女王対決だった。

 第1セットは一進一退の攻防が続いたが、牛島は冷静だった。「競った場面でも落ち着いて戦うことができた」と平田を左右に振り、うまくミスを引き出した。1年生の気迫を全身で受け止め、そして跳ね返した。

「負ける気がしなかった」と言うのは、相手をしっかりと見て戦うことができていたからだろう。前に踏み込み、自分から先に展開していくプレーが持ち味。第2セットからは一気に加速し、勝利を手にした。

画像: 4年目にして初の決勝進出を決めた牛島

4年目にして初の決勝進出を決めた牛島

 予選から勝利を重ねていた平田が、ついに止まった。「攻めきれなかった。相手のディフェンス力に圧倒された」と敗因を語った。第2セットは左足をひねり、思うように動くことができなかった。

 それでも1年生にして予選からの4強進出には胸を張っていいだろう。「まさか本戦に行けるとは思っていませんでした。(ベスト4は)驚いていますけど、意外とやれたなと自信がつきました」とにっこりと笑った。

画像: 予選からの快進撃でベスト4に入った平田

予選からの快進撃でベスト4に入った平田

 明日の決勝は、牛島と松田の対決となった。これが初対戦となる。松田のパワフルなストローク、その攻撃力を、抜群のディフェンス力を誇る牛島がどう受け、切り返していくか。

 ダブルス決勝は、第2シードの森崎可南子(筑大4年)/牛島とノーシードから勝ち上がった中沢/高橋玲奈(亜大4年)との対決となった。牛島は2冠の可能性が残されている。

 明日21日の大会最終日は男女シングルス、ダブルスの決勝が行われる。試合開始時間は10時の予定。

(編集部◎牧野 正 写真◎BBM)

※トップ写真は、試合後の握手を交わす松田(右/亜大1年)と中沢(亜大4年)

This article is a sponsored article by
''.