「平成30年度 全日本学生テニス選手権大会(男子86回/女子62回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~21日/ハードコート)の本戦8日目。男子はシングルスとダブルスともに準決勝が行われ、決勝進出者が決まった。

 第3シードの望月勇希(中大3年)は第15シードの逸崎凱人(慶大4年)を6-2 7-5のストレートで下し、2年ぶりの決勝進出を決めた。オールラウンドなプレーでポイントを重ね、失セット0での勝ち上がりだ。

 この日も第1セットを先取し、試合の主導権を握った。第2セットは4-1のリードから追いつかれたものの、追い越しは許さず、最後を締めて勝利をつかんだ。「良くもなく、悪くもなく。試合ができる喜びを感じながら戦っています」と望月が笑った。

 逸崎はスタートで出遅れた。「第2セットからは中に入って自分のプレーができたけれど、最初からできないと上のステージには行けない」と反省しきり。「返ってこないと思ったボールが返ってくる。頭も使っているし、ペースも変えてくる」と勝者を称えた。

画像: 気迫あふれるプレーで望月を追い込んだ逸崎

気迫あふれるプレーで望月を追い込んだ逸崎

 もう一方の準決勝は、予選勝者の羽澤慎治(慶大1年)が齋藤聖真(早大)を相手に2-6 6-4 6-4の逆転勝利。勝利の雄叫びをあげ、決勝の大舞台に駆け上がった。

 第1セットを5-0でリードを奪ったのは齋藤だった。第2セットも先に齋藤がブレークに成功し、3-1とリードを広げる。だが、羽澤は「このまま負けるわけにはいかない。必ずチャンスが来ると思った」と振り返る。

画像: 逆転勝利で決勝へ駒を進めた羽澤。気合いのガッツポーズ

逆転勝利で決勝へ駒を進めた羽澤。気合いのガッツポーズ

 齋藤が勝ちを意識したわけではない。ただ、そこから斎藤のペースが落ち、羽澤のミスが少なくなった。第2セットを奪い返した羽澤が最終セットも怯むことなくネットへ突進し、激戦を制した。

 齋藤は悔しい逆転負け。得意のフォアで攻め立てたが、最後は羽澤にミスを引き出されてしまった。「第1セットは相手のミスが多かっただけ。最後はいいプレーをされた」と素直に敗戦を受け入れた。それでも「優勝を目指して臨んだので悔しい。チャンスもあったので」と口にし、最後の夏を終えた。

画像: 最後のインカレをベスト4で終えた齋藤

最後のインカレをベスト4で終えた齋藤

 明日の決勝は、望月と羽澤の激突となった。望月もまた2年前の1年生のときは、羽澤のように予選から勝ち上がって決勝へ進んだ。そのときは準優勝に終わったが、今回はどんな結末が待っているだろうか。

 ダブルス決勝は、第1シードの坂井勇仁/田中優之介(早大4年/2年)と予選勝者の藪巧光/岡垣光祐(法大3年/2年)の対決となった。

 明日21日の大会最終日は男女シングルス、ダブルスの決勝が行われる。試合開始時間は10時の予定。

(編集部◎牧野 正 写真◎BBM)

※トップ写真は、第3シードから決勝に進んだ望月勇希(中大3年)

This article is a sponsored article by
''.