「ウィンストンセーラム・オープン」(ATP250/アメリカ・ノースカロライナ州ウィンストンセーラム/8月19~25日/賞金総額77万8070ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、ダニエル太郎(エイブル)がジョン・ミルマン(オーストラリア)を6-4 7-6(7)で破り、初戦を突破した。試合時間は1時間38分。

 今大会に初めて出場したダニエルは、今季の11回目のATPツアー本戦で5度目の初戦勝利を飾った。

 この結果でダニエルは、ミルマンとの3度目の対戦で初勝利を挙げた。両者は2015年にチャレンジャー大会で2度対戦しており、8月のアプトス(10万ドル/ハードコート)の準々決勝は6-1 6-3で、11月の兵庫(5万ドル/ハードコート)の決勝では6-1 6-3で、いずれもミルマンが勝っていた。

 ダニエルは2回戦で、第9シードのサム・クエリー(アメリカ)と対戦する。シード勢は1回戦がBYE(免除)となっており、2回戦からの登場となる。

※写真はインディアンウェルズの大会でのダニエル太郎(エイブル)
INDIAN WELLS, CA - MARCH 11: Taro Daniel of Japan hits a shot during his match against Novak Djokovic of Serbia during the BNP Paribas Open at the Indian Wells Tennis Garden of the Czech Republic on March 11, 2018 in Indian Wells, California. (Photo by Adam Pretty/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.