「第45回全国中学生テニス選手権大会(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦/広島広域公園テニスコート)」の大会3日目は、男女の個人戦シングルス1回戦とダブルス1、2回戦が行われた。

 9時30分から個人戦の開会式が始まり、10時10分から男女シングルスが一斉にスタート。女子64名の頂点をかけた戦いが幕を開けた。

 シード枠には16名。その最高位のトップシードに中川由羅(横浜市立中川)が入った。1回戦は武本萌衣(城南学園)と対戦。立ち上がりからサービスゲームに苦しんだが、最後は9-7で勝利を手繰り寄せた。初戦の難しさを感じながらも「次(の試合)につなげられてよかった」と安堵の表情を浮かべ、2回戦以降はさらに調子を上げていく。

画像: 「サービスがよくなかった」という中川だが、試合の中で修正する力はさすが (写真◎井出秀人)

「サービスがよくなかった」という中川だが、試合の中で修正する力はさすが (写真◎井出秀人)

 シード勢唯一の1年生だった石井さやか(渋谷区立松濤)は8-4と勝利。菊地紗加(立命館守山)の粘り強いプレーに耐え、要所でフォアハンドのクロスが効果的に決まった。今日の出来は「60点くらい」だが、身長167cmの高さを活かしたストロークの強打を随所に見せた。

 上位16シードの多くの選手は初戦突破を果たすも、第3~4シードの関口裕望(前橋市立桂萱)ら4名が大会から姿を消した。

 ダブルスはシード8枠のうち4組が1、2回戦を突破した。第2シードの金子さら紗/内島舞子(小平市立小平第二)や第3~4シードの五十嵐唯愛/城碧海(仙台市立富沢)らは順当に準々決勝へと駒を進めている。

画像: 内島(左)/金子(小平市立小平第二)は着実にポイントを重ねた (写真◎井出秀人)

内島(左)/金子(小平市立小平第二)は着実にポイントを重ねた (写真◎井出秀人)

 一方で、第1シードの山口花音/武本萌衣(城南学園)は初戦敗退に終わった。1回戦で前回の準優勝ペアを8-5で下したのがノーシードの宮亜美/冨田夕夏(横浜市立富岡)。この3年生コンビは続く2回戦も久保結希凪/亀田菜月(津幡町立津幡南)を8-4で退け、全国大会初の8強入りを見事に決めた。

 1回戦から気持ちの面で引かず、最後まで戦えたことが勝利につながった。試合中に話し合いながら「やるべきことを明確にし、自分たちからポーチを仕掛けることができた」と宮と冨田は振り返る。これまで競った試合を落とす場面も多かったが、今大会は鬼門だった全国大会の2回戦も接戦の末にクリア。この勢いでさらなる高みを目指す。

画像: 落ち着いたプレーで準々決勝進出を決めた冨田(左)/宮(横浜市立富岡) (写真◎BBM)

落ち着いたプレーで準々決勝進出を決めた冨田(左)/宮(横浜市立富岡) (写真◎BBM)

 大会4日目の22日は、男女シングルス2、3回戦、男女ダブルスの準々決勝が行われる。試合開始は9時30分の予定。

(編集部◎中野恵太)

※トップ写真は、1回戦に勝利して笑顔となる1年生シードの石井さやか(渋谷区立松濤)

This article is a sponsored article by
''.