「第45回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦/広島広域公園テニスコート)、通称「全中」の競技3日目は、男女シングルス1回戦、男女ダブルス1、2回戦が行われた。

 男子シングルスでは、第1シードの小泉熙毅(埼玉/新座市立新座)がタイブレークの末に山田雅貴(岐阜/各務原市立鵜沼)を下す、冷や汗ものの勝利だった。一方、第2シードの山田倫太郎は8-0の完璧なスタートで中村修大(京都/京都市立伏見)を下した。

 2人の第3~4シードは、菅谷優作(宮城/仙台市立将監)が楠戸遥葵(大阪/交野私立第四)を8-1、駒形怜哉(東京/世田谷区立立砧)は大下翔希(広島/広島市立戸山)を8-0と危なげなく倒している。

画像: 山田倫太朗(東京/清瀬市立清瀬第二) 写真◎BBM

山田倫太朗(東京/清瀬市立清瀬第二) 写真◎BBM

 第5~8シードは4人のうち、石川真輝(兵庫/神戸市立本山南)が矢崎斗弥(埼玉/川口市立安行)に3-8で敗退した。

 もっとも注目を集めたのは、全日本ジュニアの14歳以下で優勝した水口翔瑛(兵庫/尼崎市立日新)。多くの観戦者が見つめる中、櫻田陽(北海道/札幌市立向陵)が放つ左の鋭いフォアに戸惑う場面もあったが、8-3で初戦を突破した。

 2年生でシードがついたのは、森田皐介(埼玉/本庄市立本庄東)、笹元紀吾(神奈川/秦野市立西)、原﨑朝陽(兵庫/尼崎市立成良)の3人。全国選抜ジュニアの14歳以下で準優勝、ワールドジュニアの日本代表でもある森田は、武田昂祐(宮城・仙台市立中田)にいきなり3ゲームを連取される苦しいスタートだったが、落ち着いて本来の姿を取り戻して8-4で逆転勝利を収めた。

画像: 松田空(北海道/室蘭市立東明) 写真◎BBM

松田空(北海道/室蘭市立東明) 写真◎BBM

 しかし、笹元は長内大地(宮城/仙台市立宮城野)に5-8、原﨑はタイブレークの末に8-9(6)で上野山大洋(群馬/前橋市立桂萱)に、それぞれ1学年上の相手に敗れている。

 森田以外に1回戦を突破した2年生は松田空(北海道/室蘭市立東明)と平川朝陽(埼玉/加須市立加須西)の2人。松田は高柳洸成(大阪/吹田市立豊津)を8-5で下し、2回戦で森田と激突する。2年前の全小で準優勝の平川は、第13~16シードの若松玄登(滋賀/滋賀県立守山)に8-6で競り勝った。

画像: 平川朝陽(埼玉/加須市立加須西) 写真◎井出秀人

平川朝陽(埼玉/加須市立加須西) 写真◎井出秀人

 全64選手のうち、唯一の1年生は中島暁(長野/塩尻市立丘)。昨年の北信越小学生大会で優勝し、今年3月の全国選抜14歳以下ではベスト8に勝ち進んでいる。1回戦で第13~16シードの3年生、時岡宏斗(埼玉/川口市立神根)に対し、立ち上がりこそ互角の戦いを見せたが、2-2から6ゲームを連取されて敗退した。

画像: 中島暁(長野/塩尻市立丘) 写真◎BBM

中島暁(長野/塩尻市立丘) 写真◎BBM

「序盤のブレークチャンスで取りきれていれば、違った展開になったと思う」と唇を噛んだ中島。2学年上の相手と戦いでストロークの威力に差はあったが、ショットの正確性などでは引きをとらず、堂々と戦った。

(編集部◎池田晋)

※トップ写真は森田皐介(埼玉/本庄市立本庄東) 写真◎井出秀人

This article is a sponsored article by
''.