10月1日(月)から7日(日)まで、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開催される「楽天ジャパンオープン」のシングルス・エントリーリストがATPより発表された。今大会は本戦ドロー数32(本戦ダイレクト・イン23名、ワイルドカード4名、予選勝者4名、スペシャル・イグザンプト*1名)、予選ドロー数16(9月29、30日)。

 以下が本戦ダイレクト・イン23名と、すでに発表されているワイルドカード(WC)2名。世界ランキングは8月20日付。最下部にオルタネイト(補欠)・リストも掲載。

本戦ダイレクト・イン

5 ケビン・アンダーソン(南アフリカ)

7 マリン・チリッチ(クロアチア)

10 ダビド・ゴファン(ベルギー)

13 ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)

15 ステファノス・チチパス(ギリシャ)

17 ルカ・プイユ(フランス)

21 錦織圭(日本/日清食品)

23 チョン・ヒョン(韓国)

24 ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

25 ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)

26 リシャール・ガスケ(フランス)

28 デニス・シャポバロフ(カナダ)

29 アドリアン・マナリノ(フランス)

30 ニック・キリオス(オーストラリア)

34 スティーブ・ジョンソン(アメリカ)

39 ジル・シモン(フランス)

42 フランシス・ティアフォー(アメリカ)

43 アレックス・デミノー(オーストラリア)

44 ジェレミー・シャルディ(フランス)

47 ニコラス・ジャリー(チリ)

48 ロビン・ハッサ(オランダ)

49 マクシミリアン・マルテレル(ドイツ)

101 スタン・ワウリンカ(スイス)**

*スペシャル・イグザンプト〜前週のトーナメントのシングルス準決勝以上でまだプレーしているため、翌週に控える別のトーナメントの予選に出場できないプレーヤーを救済するための特別出場枠。「SE(=Special Exempt)」と表記される。

**ワウリンカについて〜2017年11月6日付ランキングでトップ30のプレーヤーであったワウリンカは、「2018年コミットメント・プレーヤー」としてエントリー方法の例外が認められ、ATP500の今大会に自動的に本戦入りとなる。

Alternates(オルタネイト/補欠)リスト

画像: Alternates(オルタネイト/補欠)リスト

※写真は錦織圭(日本/日清食品)
WASHINGTON D.C., DC - AUGUST 01: KEI NISHIKORI (JPN) during day three match of the 2018 Citi Open on August 01,2018 at Rock Creek Park Tennis Center in Washington D.C. (Photo by Chaz Niell/Icon Sportswire via Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.