「第45回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦/広島広域公園テニスコート)、通称「全中」の競技4日目は、男女シングルス2、3回戦、男女ダブルス準々決勝が行われた。

 男子シングルスのベスト8に残った中で、ノーシードから勝ち上がったのが上野山大洋(群馬/前橋市立桂萱)と田中佑(石川/金沢大学人間社会学域学校教育学類附属)だった。

 上野山は2回戦で同じくノーシードの杉本耕基(埼玉/川口市立八幡木)を8-2で倒し、3回戦では第2シードの山田倫太郎(東京/清瀬市立清瀬第二)に8-6で競り勝った。

画像: 上野山大洋(群馬/前橋市立桂萱) 写真◎井出秀人

上野山大洋(群馬/前橋市立桂萱) 写真◎井出秀人

 左利きの田中は2回戦で矢崎斗弥(埼玉/川口市立安行)に8-5で勝利。丹下颯希(愛媛/松山市立余土)との3回戦は最後までもつれ、どちらが勝ってもおかしくない展開だった。

 序盤から一進一退の攻防となり、田中の8-7リードで丹下のサービスゲームを迎えた。15-40から2つのマッチポイントで決められなかったが、4つ目で丹下のファーストサービスが甘くなったところをリターンから攻め、続く一打で勝利をつかんだ。

「最後はポイントを取りたいから、スピンをかけてしっかり深くコントロールするように意識した」と田中。初めての全国ベスト8に笑顔を見せた。準々決勝では上野山とのノーシード対決に臨む。

画像: 菅谷優作(宮城/仙台市立将監) 写真◎井出秀人

菅谷優作(宮城/仙台市立将監) 写真◎井出秀人

 2年生で唯一勝ち残ったのは森田皐介(埼玉/本庄市立本庄東)。2回戦は同じ2年生の松田空(北海道/室蘭市立東明)に不戦勝、3回戦ではビッグサーバーの吉田康浩(埼玉/狭山市立柏原)と対峙した。我慢をしながらチャンスでは思いきって攻めて8-6で勝ち抜いた。準々決勝ではここまで3試合でわずか1ゲームしか落としていない菅谷優作(宮城/仙台市立将監)と戦う。

 第1シードの小泉熙毅(埼玉/新座市立新座)は安定したプレーで清水勇至(埼玉/さいたま市立東浦和)、2年生の平川朝陽(埼玉/加須市立加須西)をともに8-4で退けた。準々決勝では堤隆貴(三重/四日市市立西陵)と対戦する。

画像: 駒形怜哉(東京・世田谷区立砧) 写真◎井出秀人

駒形怜哉(東京・世田谷区立砧) 写真◎井出秀人

 全日本ジュニア14歳以下王者の水口翔瑛(兵庫/尼崎市立日新)は、2回戦で山中朝陽(三重/鈴鹿市立大木)に7-9で敗退。山中はここで消耗したのか、続く3回戦で足をつったこともあり、駒形怜哉(東京/世田谷区立砧)に5-8で敗れた。駒形は準々決勝で第5~6シードの有本響(神奈川/川崎市立有馬)と対戦する。

(編集部◎池田晋)

※トップ写真は初のベスト8進出を決めた田中佑(石川/金沢大学人間社会学域学校教育学類附属) 写真◎井出秀人

This article is a sponsored article by
''.