「ウィンストンセーラム・オープン」(ATP250/アメリカ・ノースカロライナ州ウィンストンセーラム/8月19~25日/賞金総額77万8070ドル/ハードコート)のシングルス3回戦で、ダニエル太郎(エイブル)がラッキールーザーのドミニク・コプファー(ドイツ)を7-6(4) 7-6(3)で振りきり、ベスト8進出を果たした。試合時間は1時間45分。

 ATPツアーでダニエルが8強入りしたのは、3週間前のキッツビューエル(ATP250/クレーコート)以来でキャリア6度目となる。

 今大会に初めて出場したダニエルは、1回戦で過去2連敗中だったジョン・ミルマン(オーストラリア)を6-4 7-6(7)で、この日行われた2回戦では第9シードのサム・クエリー(アメリカ)を3-6 7-5 7-6(3)で破って16強入りを決めていた。

 両者は今回が初対戦。今シーズンのダニエルは、3月にインディアンウェルズ(ATP1000/ハードコート)で元世界ナンバーワンのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を7-6(3) 4-6 6-1で倒す金星を挙げて3回戦に進出。5月のイスタンブール(ATP250/クレーコート)では、日本人として史上4人目となるATPツアー優勝を果たしていた。

 ダニエルは準々決勝で、第14シードのニコラス・ジャリー(チリ)と対戦する。ジャリーは3回戦で、ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)を6-2 6-2で下しての勝ち上がり。

※写真は2回戦でのダニエル太郎(エイブル)
WINSTON-SALEM, NC - AUGUST 22: Taro Daniel of Japan returns a shot from Sam Querrey during their match on day three of the Winston-Salem Open at Wake Forest University on August 22, 2018 in Winston-Salem, North Carolina. (Photo by Jared C. Tilton/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.