「第45回全国中学生テニス選手権大会(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦/広島広域公園テニスコート)」の大会5日目は、男女の個人戦シングルス準々決勝、準決勝とダブルス準決勝が行われた。

 男子シングルス準々決勝では、唯一勝ち上がった2年生で第9~12シードの森田皐介(埼玉/本庄市立本庄東)が第3~4シードの菅谷優作(宮城/仙台市立将監)と激突。

 菅谷は序盤からセカンドサービスを狙われたため、力強いファーストサービスから主導権を握っていく。また、森田のミスを逃さずにつき、第3、第7ゲームでブレークすると8-5で制した。

画像: 試合を終え、健闘を称え合う小泉熙毅(左・埼玉/新座市立新座)と菅谷優作(宮城/仙台市立将監) 写真◎井出秀人

試合を終え、健闘を称え合う小泉熙毅(左・埼玉/新座市立新座)と菅谷優作(宮城/仙台市立将監) 写真◎井出秀人

 菅谷は準決勝では、第1シードの小泉熙毅(埼玉/新座市立新座)と初めて対戦。「相手のほうがパワーでは上。いろいろ仕掛けて崩そうとした」ものの、力で押されて受け身になってしまう。

 第1セットは小泉に先にブレークされるが、2-4からブレーク。だが、直後のゲームでふたたびブレークされてしまい、3-6で落とした。リターンから打ち込まれる回数が増えて「縮こまってしまった」という。

 第2セットは立ち上がりの3ゲームすべてがブレークとなり、小泉が2-1リード。その後はお互いキープが続く。4-5と追い込まれた菅谷が意地を見せてブレークし、5-5に追いついた。だが、その直後にギアを上げた小泉に2ゲームを連取され、敗退した。

「準々決勝まではよかったけど、最後の試合だけ少し引いてしまった」と2年連続ベスト4に終わった今大会を振り返った。

画像: 「大会前は調子が悪く勝てなかったので、ベスト4にいけてよかった」(上野山大洋(群馬/前橋市立桂萱) 写真◎井出秀人

「大会前は調子が悪く勝てなかったので、ベスト4にいけてよかった」(上野山大洋(群馬/前橋市立桂萱) 写真◎井出秀人

 決勝で小泉に挑むのは、第5~8シードの有本響(神奈川/川崎市立有馬)。今大会はストロークが安定せずに「我慢を強いられた」というが、それでも結果を残してきた。準々決勝では駒形怜哉(東京/世田谷区立砧)を8-4で退けている。

 準決勝はノーシードの上野山大洋(群馬/前橋市立桂萱)との対戦。第1セットはショットが安定せず、自らミスで崩れて1-6で落とす。だが、第2セットは積極的に仕掛けると相手が崩れ、6-1で取り返した。

 最終セットはもう一度気持ちを入れ直してリターンゲームから相手にプレッシャーをかけると、ようやく「自分の感覚が戻ってきた」。サービスが安定せずに2度ブレークされるが、相手のサービスゲームを4度ブレークして6-2とした。

 有本は決勝の小泉戦について「相手の球は速いけどミスもするはずだから、そこを逃さないことが大事。自分がミスで崩れなければ、チャンスはあるはず」と見据えている。決勝は明日9時45分から開始予定となっている。

(編集部◎池田晋)

※トップ写真は上野山大洋(群馬/前橋市立桂萱)との準決勝で浅いボールを拾う有本響(神奈川/川崎市立有馬写真) 写真◎井出秀人

This article is a sponsored article by
''.