「第18回アジア競技大会」(インドネシア・スマトラ島パレンバン/8月19~25日/ハードコート)のテニス競技5日目は、女子シングルスと男子ダブルスの準決勝および女子ダブルスと混合ダブルスの準々決勝などが行われた。

 男子ダブルスは、上杉海斗(江崎グリコ)/島袋将(早稲田大学)と綿貫陽介(日清食品)/伊藤雄哉(The University of Texas at Austin)がともに準決勝で敗れたため、銅メダルが確定した。

 また、女子ダブルスの加藤未唯(ザイマックス)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)と混合ダブルスの林恵里奈(福井県スポーツ協会)/上杉海斗(江崎グリコ)が準決勝進出を決め、銅メダル以上を確保した。

日本代表チーム

男子選手◎内山靖崇(北日本物産)、綿貫陽介(日清食品)、上杉海斗(江崎グリコ)、島袋将(早稲田大学)、伊藤雄哉(The University of Texas at Austin)

男子監督◎嶋田トーマス(ナショルチーム男子コーチ)

女子選手◎加藤未唯(ザイマックス)、穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)、内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)、二宮真琴(橋本総業ホールディングス)、林恵里奈(福井県スポーツ協会)

女子監督◎古庄大二郎(ナショルチーム女子コーチ)

日本チームの出場種目

男子シングルス:内山、綿貫

男子ダブルス:上杉/島袋、綿貫/伊藤

女子シングルス:加藤、穂積

女子ダブルス:加藤/二宮、内島/林

混合ダブルス:内山/二宮、林/上杉

テニス競技5日目の試合結果|日本人選手

男子ダブルス準決勝

●上杉海斗/島袋将(江崎グリコ/早稲田大学)4-6 3-6 [8-10] ○ロハン・ボパンナ/ディビジ・シャラン(インド)

●綿貫陽介/伊藤雄哉(日清食品/The University of Texas at Austin)4-6 7-6(4) [7-10] ○アレクサンダー・ブブリク/デニス・イェフセイエフ(カザフスタン)

女子ダブルス準々決勝

○加藤未唯/二宮真琴(ザイマックス/橋本総業ホールディングス)6-3 6-3 ●ハン・ナレ/キム・ナリ(韓国)

●内島萌夏/林恵里奈(昭和の森ジュニアテニススクール/福井県スポーツ協会)6-4 5-7 [5-10] ○チャン・ハオチン/チャン・ラティーシャ(台湾)

混合ダブルス準々決勝

●内山靖崇/二宮真琴(北日本物産/橋本総業ホールディングス)1-6 4-6 ○アンナ・ダニリーナ/アレクサンドル・ネドベソフ(カザフスタン)

○林恵里奈/上杉海斗(福井県スポーツ協会/江崎グリコ)7-6(4) 0-6 [10-8] ●シュー・イーファン/ジャン・ザ(中国)

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.