「45回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦/広島広域公園テニスコート)の大会5日目は、男女個人戦のシングルス準々決勝、準決勝、ダブルスの準決勝が行われた。

 女子シングルスは第1シードの中川由羅(横浜市立中川)とノーシードの中島玲亜(倉敷市立星置)が勝ち進み、ダブルスは奥野柚来/高山揺(生駒市立上)と金子さら紗/内島舞子(小平市立小平第二)が、明日の日本一をかけた戦いに臨む。

 先にシングルスの決勝進出を決めたのは中島だった。1回戦から8-1、8-4、8-3と危なげないスコアで勝ち上がり、準々決勝は全日本ジュニア覇者の光崎澪(みよし市立三好丘)を8-1。3セットマッチの準決勝は、第5~8シードのワールドジュニア日本代表にも選ばれた古賀彩花(野田市立南部)を6-1 6-3で一蹴した。

 全国大会は2年前の中牟田杯で記録したベスト8が最高成績。この破竹の勢いに「とてもうれしいし、ちょっとびっくり」と驚きを隠さない。対戦相手に中島のことを聞くと「ハードヒッター」の言葉が挙がるが、今日もその姿勢を貫き「最初から気合いを入れて攻め続けました」と満面の笑み。攻撃は最大の防御。全国制覇まであと1勝に迫った。

画像: ミスを恐れない攻撃的なプレーで快進撃の中島玲亜 (写真◎井出秀人)

ミスを恐れない攻撃的なプレーで快進撃の中島玲亜 (写真◎井出秀人)

 準決勝で敗れた古賀は、4強入りに「うれしさもある」とポツリ。満足のいくプレーはそれほどできなかったが、今日の準決勝は「1回戦よりもよくなってきた」と自己評価。2年生で第5~8シードをもらい、苦しみながらも結果を残した。その一方で「もっと上にいかないといけない悔しさもある」と語気を強めた。

画像: 海外遠征直後でもタフな連戦を戦い抜いた古賀 (写真◎BBM)

海外遠征直後でもタフな連戦を戦い抜いた古賀 (写真◎BBM)

 もう一方の勝者は中川。準々決勝は第9~12シードの駒田光音(名古屋市立牧の池)を8-2で下すと、準決勝は五十嵐唯愛(仙台市立富沢)と対戦。第1セットはタイブレークにもつれるも、ギアを上げて7-4で先取した。「(タイブレークから)集中してサービスを入れることを心掛けた」中川は、第2セットも勢いで6ゲームを連続で奪い、ストレート勝利を収めた。

 中川は今日も攻守両面で実力を発揮。「ラケットも振り切れていたし、フットワークもよくなってきた」と確かな手応えをつかむ。日に日に調子を上げ、迎えた全国大会初の決勝。その喜びを噛み締めながらも「(明日も)ラケットを振り切って、足を動かして、勝っていきたい」と意気込みを語った。

画像: 中川は伸びのあるストローク、サービスで他を寄せ付けずに快勝 (写真◎井出秀人)

中川は伸びのあるストローク、サービスで他を寄せ付けずに快勝 (写真◎井出秀人)

 中川とのラリー戦に屈した五十嵐は、その後にダブルスの準決勝を戦った。パートナーの城碧海とともに金子/内島に挑むも1-6 2-6と完敗。単複ともに準決勝敗退に終わったものの、課題とする『攻めるときは攻め、守るときは守る』戦い方を徹底し、単複ベスト4の結果をつかんだ。多くの試合を勝ち抜き、「成長できた大会だと思う」と自信を深めた。

画像: 攻守でバランスのとれた戦いができた五十嵐 (写真◎井出秀人)

攻守でバランスのとれた戦いができた五十嵐 (写真◎井出秀人)

 ダブルスの決勝は、第2シードの金子/内島とノーシードの奥野/高山の対戦となった。準決勝をストレートで制した金子/内島に対し、奥野/高山は宮亜美/冨田夕夏(横浜市立富岡)とフルセットの接戦を演じた。

 第1セットを6-4、第2セットを2-6で奪い返され、スーパータイブレークに突入。すると、奥野が角度をつけた効果的なボレーを1ポイント目に決め、波に乗る。1-0、3-0、5-0と突き放して一気に7連続ポイントを奪った。最後は強きな気持ちで攻めて10-3で勝利。奥野と高山は歩み寄り、ハイタッチを交わした。

画像: 高山(左)がベースラインから巧みにゲームを動かし、奥野が前で仕留める場面も多かった (写真◎井出秀人)

高山(左)がベースラインから巧みにゲームを動かし、奥野が前で仕留める場面も多かった (写真◎井出秀人)

 大会最終日の24日は、男女シングルス決勝とダブルス決勝が行われる。試合開始は9時45分を予定。※台風の影響で変更の可能性あり 

(編集部◎中野恵太)

※トップ写真は、準決勝で対戦した中島玲亜(倉敷市立児島/右)と古賀彩花(野田市立南部)

This article is a sponsored article by
''.