今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月27日~9月9日/ハードコート)の男女シングルスのドローが発表され、女子シングルスで第20シードとなった大坂なおみ(日清食品)の初戦の対戦相手はラウラ・シグムンド(ドイツ)に決まった。

 両者の過去の対戦成績は、シグムンドが2勝1敗でリード。今シーズンは4月にチャールストン(WTAプレミア/クレーコート)の2回戦で対戦し、大坂が6-3 7-6(8)で勝っている。

 全米に3年連続出場となる大坂は、過去2大会でいずれも3回戦に進出。昨年の大会では1回戦で前年覇者のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を倒し、3回戦でカイア・カネピ(エストニア)に3-6 6-2 5-7で敗れていた。

 そのほかの女子の日本勢は奈良くるみ(安藤証券)が本戦から出場しており、1回戦で第15シードのエリース・メルテンス(ベルギー)と対戦することになった。

 女子のトップシードはフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)でグランドスラム初優勝を果たしたシモナ・ハレプ(ルーマニア)、全豪女王のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が第2シード、ディフェンディング・チャンピオンのスローン・スティーブンス(アメリカ)が第3シード、ウインブルドンを制したケルバーは第4シードとなっている。

 また、グランドスラム23勝を誇る元女王のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は世界ランク26位ながら第17シードとなり、第16シードで出場する姉のビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)と同じブロックに入った。両者が勝ち上がると、3回戦で対戦する可能性がある。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

女子シングルス|シード選手と日本人選手1回戦組み合わせ

1シモナ・ハレプ(ルーマニア)[1]

8アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)[27]

------

9セレナ・ウィリアムズ(アメリカ)[17]

16ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[16]

------

17ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[12]

24アシュリー・バーティ(オーストラリア)[18]

------

25マリア・サカーリ(ギリシャ)[32]

32カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[8]

----------

33スローン・スティーブンス(アメリカ)[3]

40ダリア・ガブリロワ(オーストラリア)[25]

------

41バーボラ・ストリコバ(チェコ)[23]

48エリース・メルテンス(ベルギー)[15] vs 47奈良くるみ(日本/安藤証券)

------

49ユリア・ゲルゲス(ドイツ)[9]

56アナスタシア・セバストワ(ラトビア)[19]

------

57マグダレナ・リバリコバ(スロバキア)[31]

64エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)[7]

----------

65カロリーヌ・ガルシア(フランス)[6]

72カルラ・スアレス ナバロ(スペイン)[30]

------

73マリア・シャラポワ(ロシア)[22]

80エレナ・オスタペンコ(ラトビア)[10]

------

81マディソン・キーズ(アメリカ)[14]

88ココ・バンダウェイ(アメリカ)[24]

------

89ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)[29]

96アンジェリック・ケルバー(ドイツ)[4]

----------

97ペトラ・クビトバ(チェコ)[5]

104アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)[26]

------

105大坂なおみ(日本/日清食品)[20] vs 106ラウラ・シグムンド(ドイツ)

112ダリア・カサキナ(ロシア)[11]

------

113キキ・バーテンズ(オランダ)[13]

120ミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)[21]

------

121アネット・コンタベイト(エストニア)[28]

128カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[2]

※写真はモントリオールの大会での大坂なおみ(日清食品)
MONTREAL, QC - AUGUST 07: Naomi Osaka of Japan hits a return against Carla Suarez Navarro of Spain during day two of the Rogers Cup at IGA Stadium on August 7, 2018 in Montreal, Quebec, Canada. (Photo by Minas Panagiotakis/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.