大会6日目は、男女シングルス決勝とダブルス決勝がすべて9時45分に開始された。9時過ぎにに会場を散策すると、決勝への準備をする選手たちの姿も見られた。最初に決着がついたのは男子シングルス。1時間9分で有本響(神奈川/川崎市立有馬)が小泉熙毅(埼玉/新座市立新座)を6-3 6-3で退けた。男子ダブルスもその数分後に決着。ノーシードの奥地佑都/三木琢慈(愛知/名古屋経済大学市邨)が第1シードの鹿川湧生/福島奎汰(東京/江東区立深川第三)を6-1 6-4で破った。

※トップ写真は試合前にウォーミングアップをする奥地佑都/三木琢慈(愛知/名古屋経済大学市邨) 写真◎BBM

This article is a sponsored article by
''.