今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/予選8月21日~、本戦8月27日~9月9日/ハードコート)の予選4日目は、男女シングルス予選決勝が行われた。

 男子予選はシングルス128ドローで争われ、第5シードのマルセル・グラノイェルス(スペイン)、第6シードのホベルト・ホルカシュ(ポーランド)、第9シードのフェリックス ・オジェ アリアシム(カナダ)、第15シードのヤニック・マデ(ドイツ)、第24シードのウーゴ・アンベール(フランス)、第25シードのデニス・ノバク(オーストリア)ら16人が本戦への切符を手にした。

 日本人選手は3人が出場したが、守屋宏紀(北日本物産)が2回戦で、伊藤竜馬(北日本物産)と添田豪(GODAI)は1回戦で敗れていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

男子シングルス予選決勝

○8ウーゴ・アンベール(フランス)[24] 7-5 6-2 ●3マーク・ポルマンス(オーストラリア)

○16ステファノ・トラバグリア(イタリア)[26] 6-4 6-0 ●10ビクトル・エストレーリャ ブルゴス(ドミニカ共和国)

○19フェデリコ・ガイオ(イタリア)6-7(4) 6-3 7-6(4) ●24マルコ・トゥルンヘリッティ(アルゼンチン)[27]

○32キャスパー・ルード(ノルウェー)[28] 7-5 6-2 ●26アレッサンドロ・ジャンネッシ(イタリア)

------

○33マルセル・グラノイェルス(スペイン)[5] 6-0 7-6(5) ●39ニコラ・ミロジェビッチ(セルビア)

○41ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)[6] 6-3 6-3 ●46ペドロ・マルチネス(スペイン)

○56ロイド・ハリス(南アフリカ)[30] 6-4 6-2 ●52ジェーシー・アラゴン(アメリカ)[WC]

○64デニス・ノバク(オーストリア)[25] 7-5 6-4 ●60ロレンツォ・ジュスティーノ(イタリア)

------

○65フェリックス ・オジェ アリアシム(カナダ)[9] 6-3 6-0 ●72ジェラルド・メルツァー(オーストリア)[20]

○78コリン・アルタミラノ(アメリカ)[WC] 6-4 7-6(3) ●73ロレンツォ・ソネゴ(イタリア)[10]

○85ミッチェル・クルーガー(アメリカ)3-6 7-5 6-2 ●83カルヴァン・エメリー(フランス)

○94ドナルド・ヤング(アメリカ)7-5 1-6 6-3 ●89ピーター・ポランスキー(カナダ)[12]

------

○98トミー・ロブレド(スペイン)6-3 2-6 6-3 ●104二コラ・マウ(フランス)[19]

○106ファクンド・バグニス(アルゼンチン)6-3 6-7(2) 6-2 ●112ルベン・ビーママンズ(ベルギー)[17]

○113ヤニック・マデ(ドイツ)[15] 6-4 6-2 ●117アレックス・ボルト(オーストラリア)

○122カルロス・ベロック(アルゼンチン)7-6(3) 6-2 ●127ウラジミール・イグナティク(ベラルーシ)

写真◎毛受亮介

This article is a sponsored article by
''.