「コネチカット・オープン」(WTAプレミア/アメリカ・コネチカット州ニューヘブン/8月19~25日/賞金総額79万9000ドル/ハードコート)のシングルス準決勝で、アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)が第5シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)を6-4 7-6(3)で倒し、決勝進出を果たした。試合時間は1時間45分。

 サバレンカは決勝で、カルラ・スアレス ナバロ(スペイン)と対戦する。スアレス ナバロは準決勝で予選勝者のモニカ・プイグ(プエルトリコ)と対戦したが、第1セット4-4の時点でプイグが左腹部の故障でリタイアしていた。両者は今回が初対戦となる。

 前週のシンシナティ(WTAプレミア5/ハードコート)でベスト4だった20歳のサバレンカは、今季3度目の決勝でWTAツアー初優勝を目指している。

 29歳のスアレス ナバロは、2016年3月に世界ランク自己最高6位をマーク。決勝進出は、キャリア2勝目を挙げた2016年2月のドーハ(WTAプレミア5/ハードコート)以来となる。

 サバレンカとスアレス ナバロは、今回が初対戦となる。

※写真はアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)
NEW HAVEN, CT - AUGUST 24: Aryna Sabalenka of Belarus returns a shot to Julia Goerges of Germany during Day 5 of the Connecticut Open at Connecticut Tennis Center at Yale on August 24, 2018 in New Haven, Connecticut. (Photo by Maddie Meyer/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.