ITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「ITF金泉男子フューチャーズ 」(韓国・金泉/8月20~26日/賞金総額1.5万ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、第2シードの越智真(江崎グリコ)は第4シードのナム・ジソン(韓国)に4-6 1-6で敗れた。試合時間は1時間9分。

 今大会での越智は、1回戦でミッチェル トーマス・マクダニエルズ(アメリカ)を6-4 6-1で、2回戦でアーロン・アディソン(オーストラリア)を6-1 6-3で、準々決勝でナ・ジョンウン(韓国)を3-6 6-2 6-0で、準決勝では予選勝者のチョン・ホン(韓国)を7-6(4) 6-3で破って決勝進出を決めていた。

 そのほかの日本勢は、第6シードの山﨑純平(日清紡ホールディングス)、井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)、予選を勝ち上がった中村錬(フリー)がシングルス本戦に出場していたが、いずれも初戦敗退に終わっていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

日本人選手の結果

シングルス決勝

●32越智真(江崎グリコ)[2] 4-6 1-6 ○9ナム・ジソン(韓国)[4]

シングルス準決勝

○32越智真(江崎グリコ)[2] 7-6(4) 6-3 ●19チョン・ホン(韓国)[Q]

シングルス準々決勝

○32越智真(江崎グリコ)[2] 3-6 6-2 6-0 ●28ナ・ジョンウン(韓国)

シングルス2回戦

○32越智真(江崎グリコ)[2] 6-1 6-3 ●29アーロン・アディソン(オーストラリア)

シングルス1回戦

○32越智真(江崎グリコ)[2] 6-4 6-1 ●31ミッチェル トーマス・マクダニエルズ(アメリカ)

●17山﨑純平(日清紡ホールディングス)[6/Q] 4-6 4-6 ○18クォン・オーヒ(韓国)

●21井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)7-6(3) 6-7(4) 3-6 ○22オ・チャンヨン(韓国)

●15中村錬(フリー)[Q] 6-4 4-6 3-6 ○16ソン・ジフン(韓国)[7]

ダブルス準決勝

●16スー・ユーシャオ/越智真(台湾/江崎グリコ)[2] 1-6 6-4 [7-10] ○12ナム・ジソン/ソン・ジフン(韓国)[4]

ダブルス準々決勝

●1井藤祐一/山﨑純平(ライフ・エヌ・ピー/日清紡ホールディングス)[1] 3-6 4-6 ○3キム・チョンウィ/キム・ヒョンドン(韓国)

○16スー・ユーシャオ/越智真(台湾/江崎グリコ)[2] 6-4 6-2 ●14ミッチェル トーマス・マクダニエルズ/マーク・ホワイトハウス(アメリカ/イギリス)

ダブルス1回戦

○1井藤祐一/山﨑純平(ライフ・エヌ・ピー/日清紡ホールディングス)[1] 6-3 6-3 ●2ナ・ジョンウン/オ・ソングク(韓国)

○16スー・ユーシャオ/越智真(台湾/江崎グリコ)[2] 6-4 6-1 ●15クォン・オーヒ/ソン・ミンギュ(韓国)

※写真は昨年の全日本選手権での越智真(江崎グリコ)
撮影◎井出秀人

This article is a sponsored article by
''.