「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月27日~9月9日/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、西岡良仁(ミキハウス)は第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)に2-6 2-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間52分。

 全米に2年ぶり4度目の出場となった西岡は、2015年にグランドスラム初勝利を挙げて2回戦に進出。前回プレーした2016年は、1回戦でケビン・アンダーソン(南アフリカ)に3-6 5-7 4-6で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。左膝の負傷で昨年の4月上旬に前十字靭帯の手術を受け、1月に復帰した西岡は世界ランクを256位(7月2日付)まで落としたため、今大会はプロテクト・ランキング(ケガなどで長期休養を余儀なくされた選手への救済措置)でエントリーしていた。

 フェデラーは2回戦で、ブノワ・ペール(フランス)と対戦する。ペールは1回戦で、予選勝者のデニス・ノバク(オーストリア)を7-6(6) 3-6 7-5 7-6(5)で下しての勝ち上がり。

 西岡はマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)とのコンビでダブルスにも出場しており、初戦の対戦相手はミルザ・バシッチ/ダミアー・ジュムホール(ともにボスニア・ヘルツェゴビナ)となっている。

※写真は西岡良仁(ミキハウス)
NEW YORK, NY - AUGUST 28: Yoshihito Nishioka of Japan returns the ball during his men's singles first round match against Roger Federer of Switzerland on Day Two of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 28, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Alex Pantling/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.