「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月27日~9月9日/ハードコート)の女子シングルス4回戦で、第8シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)が第18シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)を6-4 6-4で下し、ベスト8に進出した。試合時間は1時間24分。

 全米に6年連続出場となるプリスコバは、2016年にグランドスラム自己最高の準優勝。昨年は準々決勝で、ココ・バンダウェイ(アメリカ)に6-7(4) 3-6で敗れていた。

 この結果でプリスコバは、バーティとの対戦成績を2勝2敗のタイに追いついた。昨年は9月に武漢(WTAプレミア5/ハードコート)の準々決勝で対戦し、バーティが4-6 7-6(3) 7-6(2)で勝っていた。

 今大会でのプリスコバは、1回戦でザリナ・ディアス(カザフスタン)を6-4 7-6(4)で、2回戦でアナ・ボグダン(ルーマニア)を6-2 6-3で、3回戦ではソフィア・ケネン(アメリカ)を6-4 7-6(2)で破って16強入りを決めていた。

 プリスコバは準々決勝で、第17シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)とカイア・カネピ(エストニア)の勝者と対戦する。

※写真はカロリーナ・プリスコバ(チェコ)
NEW YORK, NY - SEPTEMBER 02: Karolina Pliskova of Czech Republic returns the ball during her ladies singles fourth round match against Ashley Barty of Australia on Day Seven of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 2, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.