「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月27日~9月9日/ハードコート)の女子シングルス4回戦で、第19シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)が第7シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)を6-3 1-6 6-0で破り、3年連続となる8強入りを果たした。試合時間は1時間21分。

 全米に6年連続出場となるセバストワは、2016年と17年にグランドスラム自己最高のベスト8進出。昨年は準々決勝で、スローン・スティーブンス(アメリカ)に3-6 6-3 6-7(4)で敗れていた。

 この結果でセバストワは、スビトリーナとの対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は2013年2月にカリ(WTA125K/クレーコート)の1回戦で初対戦しており、スビトリーナが6-3 7-6(7)で勝っていた。

 今大会でのセバストワは、1回戦でドナ・ベキッチ(クロアチア)を6-2 2-6 6-3で、2回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のクレア・リュー(アメリカ)を6-3 6-1で、3回戦ではエカテリーナ・マカロワ(ロシア)を4-6 6-1 6-2で破って4回戦進出を決めていた。

 セバストワは準々決勝で、ディフェンディング・チャンピオンで第3シードのスティーブンスと第15シードのエリース・メルテンス(ベルギー)の勝者と対戦する。

※写真はアナスタシア・セバストワ(ラトビア)
撮影◎毛受亮介

This article is a sponsored article by
''.