「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月27日~9月9日/ハードコート)の男子シングルス4回戦で、ジョン・ミルマン(オーストラリア)が第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)を3-6 7-5 7-6(7) 7-6(3)で破る金星を挙げ、ベスト8進出を果たした。試合時間は3時間35分。

 全米に4年連続出場となる29歳のミルマンは、過去14回出場したグランドスラムで3度の3回戦進出が最高成績だった。昨年の全米では、3回戦でフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)に5-7 2-6 4-6で敗れていた。

 この結果でミルマンは、フェデラーとの対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は2015年1月にブリスベン(ATP250/ハードコート)の2回戦で初対戦しており、フェデラーが4-6 6-4 6-3で勝っていた。ミルマンはトップ10の選手と11回目の対戦で、初勝利を挙げた。

 今大会でのミルマンは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のジェンセン・ブルックスビー(アメリカ)を6-4 6-2 6-0で、2回戦で第14シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)を6-1 4-6 6-4 6-1で、3回戦ではミカエル・ククシュキン(カザフスタン)を6-4 4-6 6-1 6-3で破ってグランドスラムで初の16強入りを決めていた。

 ミルマンは準々決勝で、第6シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは4回戦で、ジョアン・ソウザ(ポルトガル)を6-3 6-4 6-3で下しての勝ち上がり。

※写真はジョン・ミルマン(オーストラリア/手前)とロジャー・フェデラー(スイス/奥)
NEW YORK, NY - SEPTEMBER 03: John Millman of Australia shows his emotions during the men's singles fourth round match against Roger Federer of Switzerland on Day Eight of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 3, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.