「平成30年度 北信越学生テニス選手権大会」(新潟県新潟市・テニスガーデン新潟、新潟大学テニスコート/本戦9月3~8日/砂入り人工芝コート)の本戦2日目は、男女シングルス2回戦および男子ダブルス2回戦と女子ダブルス1回戦が行われた。

 北信越学生テニス選手権大会は、男子シングルス64ドロー、女子シングルス32ドロー、男子ダブルス32ドロー、女子ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、LLはラッキールーザー、Ret.は途中棄権

男子シングルス2回戦

○1大岩悠樹(信州大)[1] 6-1 6-3 ●4川江啓倫(金沢大)

○6川野辺碧(信州大)6-3 6-2 ●8金子歩夢(信州大)[16]

○9村田泰斗(福大医)[9] 6-1 6-2 ●12應武瑛佑(信州大)

○16山﨑将太(金沢大)[8] 6-4 6-3 ●13田中直希(金学大)

------

○17新竹瞬(金沢大)[5] 6-3 6-3 ●19多田浩幸(新潟大)

○21大塚直路(金沢大)3-6 6-1 6-0 ●23武永朋巳(信州大)

○28山崎大貴(金学大)6-2 6-4 ●25長江健(富山大)[13]

○32土屋俊介(信州大)[4] 6-0 6-0 ●30秋山祐紀(金沢大)

------------

○33藤井航大(金沢大)[3] 6-0 6-0 ●35神崎友敦(信州大)

○37松島昇吾(富山大)6-4 3-6 6-0 ●40中村一博(金工大)[14]

○41千村直(信州大)[11] 6-1 6-2 ●43佐々木優(福大医)

○48水野凌太(新潟大)[6] 6-1 6-3 ●45木津光史(星稜大)

------

○51戸澤郁也(信州大)5-7 4-1 Ret. ●50森田健斗(新潟大)

○56山崎壮一(福井大)[10] 6-2 6-2 ●53北澤佑樹(富山大)

○58平野優友(金沢大)6-2 6-4 ●59山田達央(富山大)

○64渥美拓海(信州大)[2] 6-1 6-0 ●61永山翔也(星稜大)

女子シングルス2回戦

○1征矢愛耶乃(信州大)[1] 6-0 6-0 ●3武田千尋(新潟大)

○8中川茉優(星陵大)[8] 6-3 6-2 ●5山崎朝香(富山大)

○12加藤沙樹(金沢大)不戦勝 ●9新井瑞穂(信州大)[5]

○16佐藤由唯(新潟大)[4] 6-0 6-0 ●14葦津公実子(富山大)

------

○17今井未来(金沢大)[3] 6-1 6-0 ●20高嵜優美香(星稜大)

○21小林文子(福大医)6-3 7-5 ●24小西紗恵(富山大)[6]

○25辻川光咲(新潟大)[7] 不戦勝 ●28高橋うらら(富山大)

○32加藤真帆(信州大)[2] 6-0 6-3 ●30丸山佑莉香(信州大)

男子ダブルス2回戦

○1大岩悠樹/渥美拓海(信州大)[1] 不戦勝 ●3大田貴之/中家茂俊(富医薬)

○5松島昇吾/平野優友(富山大/金沢大)6-4 6-3 ●8川江啓倫/大塚直路(金沢大)[8]

○9千村直/戸澤郁也(信州大)[5] 7-6(2) 6-3 ●12長江健/北澤佑樹(富山大)

○16土屋俊介/金子歩夢(信州大)[4] 6-4 7-6(8) ●14水野凌太/森田健斗(新潟大)

------

○17山﨑将太/山崎大貴(金沢大/金学大)[3] 4-6 6-3 [10-3] ●20永岡侑大/浦川晃(信州大)

○24村田泰斗/山崎壮一(福大医/福井大)[6] 6-2 6-0 ●21河合哲平/松田拓也(富山大)

○28川野辺碧/應武瑛佑(信州大)不戦勝 ●25赤松伸太郎/藤井昴(金医大/福大医)[7]

○32藤井航大/新竹瞬(金沢大)[2] 6-3 7-6(3) ●30多田浩幸/小林巧(新潟大)

女子ダブルス1回戦

○1加藤真帆/征矢愛耶乃(信州大)[1] 6-0 6-0 ●2米田直子/横山綾華(金沢大)

○4井森悠/佐藤留未(新医福)[LL] 6-2 6-3 ●3小西紗恵/斉藤奈緒(富山大)

○5高見沢美琴/丸山佑莉香(信州大)6-4 6-2 ●6西田朝香/左田帆乃香(星稜大)

○7加藤沙樹/中出歩実(金沢大)6-1 3-6 [10-8] ●8高嵜優美香/中川茉優(星稜大)[4]

------

○10岩﨑萌/辻川光咲(新潟大)6-1 6-2 ●9山崎朝香/石原美穂(富山大)[3]

○12小林文子/吉田葵(福大医)6-4 6-2 ●11北香織/宮田彩花(富山大)

○13田村阿美李/山崎楓(富山大)5-7 7-6(5) [10-8] ●14大澤貴子/森田あゆみ(富医薬)

○16今井未来/佐藤由唯(金沢大/新潟大)[2] 6-0 6-0 ●15吉田未央/葦津公実子(富山大)

※写真は会場の様子
写真提供◎北信越学生テニス連盟

This article is a sponsored article by
''.