「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月27日~9月9日/ハードコート)の女子シングル準々決勝で、第17シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が2016年の準優勝者で第8シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を6-4 6-3で倒し、ベスト4に進出した。試合時間は1時間26分。

 全米に2年ぶり18回目の出場となるセレナは、過去6度(1999年、2002年、08年、12年~14年)の優勝経験がある。昨年は第1子出産を控えていたため、欠場していた。

 この結果でセレナは、プリスコバとの対戦成績を2勝1敗と勝ち越した。初対戦だった2014年7月のスタンフォード(WTAプレミア/ハードコート)の2回戦はセレナが7-5 6-2で、2016年の全米準決勝ではプリスコバが6-2 7-6(5)で勝っていた。

 プリスコバが敗れたことで、女子シングルスの上位13シードまでが姿を消した。

 今大会でのセレナは、1回戦でマグダ・リネッテ(ポーランド)を6-4 6-0で、2回戦でカリナ・ビットヘフト(ドイツ)を6-2 6-2で、3回戦で第16シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を6-1 6-2で、4回戦ではカイア・カネピ(エストニア)を6-0 4-6 6-3で破って8強入りを決めていた。

 セレナは準決勝で、第19シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)と対戦する。セバストワは準々決勝で、ディフェンディング・チャンピオンで第3シードのスローン・スティーブンス(アメリカ)を6-2 6-3で下しての勝ち上がり。

※写真はセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)
NEW YORK, NY - SEPTEMBER 04: Serena Williams of the United States shows her emotions during the women's singles quarter-final match against Karolina Pliskova of Czech Republic on Day Nine of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 4, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.