「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月27日~9月9日/ハードコート)のジュニア男子シングルス3回戦で、市川泰誠(A&F)が第4シードのニコラス・メヒア(コロンビア)を3-6 7-5 6-4で倒し、ベスト8進出を果たした。試合時間は2時間10分。

 この試合は前日に行われていたが、市川から第3セット1-2の時点で降雨順延となっていた。

 グランドスラム・ジュニアの本戦に4大会連続出場となる市川は、1回戦でアンドリュー・フェンティ(アメリカ)を4-6 6-2 6-3で、2回戦ではチアゴ アグスティン・ティランテ(アルゼンチン)を6-7(2) 7-6(0) 6-2で下し、初の16強入りを決めていた。市川は前週のルパンティニー(ITFグレード1/ハードコート)で準決勝まで勝ち進み、今大会にはスペシャル・イグザンプトで本戦入りしていた。

 市川はこのあとに行われる予定の準々決勝で、エイダン・マクヒュー(イギリス)を破って勝ち上がった第6シードのチアゴ・セイボス ワイルド(ブラジル)と対戦する。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、SEはスペシャル・イグザンプト

ジュニア男子シングルス3回戦|日本人選手

○22市川泰誠(A&F)[SE] 3-6 7-5 6-4 ●17ニコラス・メヒア(コロンビア)[4]

ジュニア男子シングルス準々決勝 組み合わせ|日本人選手

22市川泰誠(A&F)[SE] vs 32チアゴ・セイボス ワイルド(ブラジル)[6]

※写真は3回戦で対戦した市川泰誠(A&F/左)とニコラス・メヒア(コロンビア/右)
撮影◎毛受亮介

This article is a sponsored article by
''.