「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月27日~9月9日/ハードコート)のジュニア男子シングルス決勝で、第6シードのチアゴ・セイボス ワイルド(ブラジル)がノーシードから勝ち上がってきたロレンツォ・ムセッティ(イタリア)を6-1 2-6 6-2で下し、優勝を果たした。試合時間は1時間18分。

 全米ジュニアに3年連続出場となったセイボス ワイルドは、初めて本戦入りした昨年の大会のダブルスで4強入り。グランドスラム・ジュニアでは、6月の全仏でのベスト4が最高成績だった。

 今大会でのセイボス ワイルドは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のゼイン・カーン(アメリカ)を6-7(7) 6-1 6-3で、2回戦でJiri LEHECKA(チェコ)を6-4 6-2で、3回戦でエイダン・マクヒュー(イギリス)を6-4 6-1で、準々決勝で日本の市川泰誠(A&F)を7-6(3) 6-4で、準決勝では第1シードのツェン・チュンシン(台湾)を6-2 6-4で破って決勝進出を決めていた。

ジュニア男子シングルス決勝

○32チアゴ・セイボス ワイルド(ブラジル)[6] 6-1 2-6 6-2 ●51ロレンツォ・ムセッティ(イタリア)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

写真◎毛受亮介

This article is a sponsored article by
''.