今月17日から本戦が始まる国内最大の国際女子トーナメント「東レ パン・パシフィック・オープン」(略称◎東レPPOテニス/9月15、16日予選、17〜23日本戦/アリーナ立川立飛/室内ハードコート)に、昨年、一昨年と優勝しており、現在世界2位のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場することが決まった。

 また、一昨年に出産し、昨年からツアー復帰を果たした元世界1位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)と、カロリーナ・プリスコバ(チェコ)の姉クリスティーナ・プリスコバ(チェコ)もワイルドカードで出場する。

 一方、本戦出場を予定していたマディソン・キーズ(アメリカ)とエリース・メルテンス(ベルギー)はケガのため欠場となり、オルタネート(補欠)のアネット・コンタベイト(エストニア/27位)とアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア/28位)が繰り上がり、本戦に出場する。

※世界ランキングは9月10日付

本戦エントリー選手(22名)

WC2位|カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)

3位|アンジェリック・ケルバー(ドイツ)

4位|カロリーヌ・ガルシア(フランス)

7位|大坂なおみ(日本/日清食品)

8位|カロリーナ・プリスコバ(チェコ)

9位|スローン・スティーブンス(アメリカ)

14位|ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)

17位|アシュリー・バーティ(オーストラリア)

19位|アナスタシア・セバストワ(ラトビア)

22位|カルラ・スアレス ナバロ(スペイン)

23位|ミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)

25位|バーボラ・ストリコバ(チェコ)

27位|アネット・コンタベイト(エストニア)

28位|アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)

29位|ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)

32位|ダリア・ガブリロワ(オーストラリア)

45位|ジョハナ・コンタ(イギリス)

48位|クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)

49位|ココ・バンダウェイ(アメリカ)

WC61位|ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)

WC99位|クリスティーナ・プリスコバ(チェコ)

WC118位|奈良くるみ(日本/安藤証券)

※本戦18名+WC(主催者推薦)4名+Q(予選勝者)6名=合計28名が出場する

※トップ写真はカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、8月にモントリオールで撮影
MONTREAL, QC - AUGUST 09: Caroline Wozniacki of Denmark looks on against Aryna Sabalenka of Belarus during day four of the Rogers Cup at IGA Stadium on August 9, 2018 in Montreal, Quebec, Canada. (Photo by Minas Panagiotakis/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.