男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ」(9月14~16日)が各地で開催され、第1シードのアルゼンチン、第2シードのイギリス、第5シードのセルビア、第6シードのカナダ、第7シードのチェコ、第8シードの日本、スウェーデン、オーストリアが勝利をおさめた。

 デ杯はは3日間にわたって行われる1チーム4人の団体戦で、初日に「シングルス1、シングルス2」の2試合、2日目にダブルス1試合、最終日に「シングルス1同士」「シングルス2同士」の対戦(リバースシングルス)が行われる。全5試合のうち、先に3勝したチームが勝者となる。

 2019年からデ杯は新フォーマットに変更されることが決まっており、プレーオフに勝利した8ヵ国は来年2月に予定されているファイナルズ予選に進むことが確定した。

 24ヵ国がホーム&アウェー方式で争う予選ラウンドは、ベスト・オブ・3セットマッチで初日にシングルス2試合、2日目にダブルス1試合とシングルス2試合(先に3勝したチームの勝利)で行われる。各対戦に勝利した12ヵ国が、18チームによって争われる11月のファイナルズに進出する。

※上からドロー順、[ ]数字はシード順位

ワールドグループ・プレーオフ

アルゼンチン[1] 4-0 コロンビア(アルゼンチン・サン フアン/室内クレーコート)

R1 ○ディエゴ・シュワルツマン 6-3 6-1 6-7(3) 6-1 ●サンティアゴ・ヒラルド
R2 ○ギド・ペラ 3-6 6-4 4-6 6-3 6-2 ●ダニエル エラヒ・ガラン
R3 ○マッシモ・ゴンサレス/ホレイショ・ゼバロス 6-4 7-6(3) 6-7(4) 4-6 6-4 ●アレハンドロ・ゴメス/クリスティアン・ロドリゲス
R4 ○ホレイショ・ゼバロス 7-5 6-2 ●ニコラス・メヒア
R5 ギド・ペラ 打切 サンティアゴ・ヒラルド

イギリス[2] 3-1 ウズベキスタン(スコットランド・グラスゴー/室内ハードコート)

R1 ○ダニエル・エバンズ 7-6(4) 4-6 0-6 6-4 7-5 ●デニス・イストミン
R2 ●キャメロン・ノリー 6-0 7-5 6-7(6) 2-6 2-6 ○ジュラベック・カリモフ
R3 ○ドミニク・イングロット/ジェイミー・マレー 4-6 7-6(8) 6-2 6-3 ●サンジャル・ファイジエフ/デニス・イストミン
R4 ○キャメロン・ノリー 6-2 6-2 6-0 ●サンジャル・ファイジエフ
R5 ダニエル・エバンズ 打切 ジュラベック・カリモフ

オーストリア 3-1 オーストラリア[3](オーストリア・グラーツ/クレーコート)

R1 ○ドミニク・ティーム 6-1 6-3 6-0 ●ジョーダン・トンプソン
R2 ○デニス・ノバク 3-6 6-2 6-3 6-2 ●アレックス・デミノー
R3 ●ロマン・イェバヴィ/アダム・パブラシェク 1-6 4-6 6-3 5-7 ○レイトン・ヒューイット/ジョン・ピアース
R4 ○ドミニク・ティーム 6-4 6-2 3-6 6-4 ●アレックス・デミノー
R5 デニス・ノバク 打切 ジョーダン・トンプソン

スイス[4] 2-3 スウェーデン(スイス・ビール/室内ハードコート)

R1 ●マルク アンドレア・ヒュスラー 6-3 6-4 4-6 6-7(10) 4-6 ○マルクス・エリクソン
R2 ○ヘンリー・ラクソネン 7-6(5) 6-2 6-3 ●ヨナタン・ムリダ
R3 ●アントワーヌ・ベリエ/ルカ・マルガロリ 2-6 2-6 4-6 ○マルクス・エリクソン/ロベルト・リンドステット
R4 ○ヘンリー・ラクソネン 6-2 6-2 6-7(5) 6-1 ●マルクス・エリクソン
R5 ●Sandro EHRAT 6-4 3-6 4-6 6-7(4) ○ヨナタン・ムリダ

------

セルビア[5] 4-0 インド(セルビア・クラリェヴォ/室内クレーコート)

R1 ○ラスロ・ジェレ 3-6 6-4 7-6(2) 6-2 ●ランクマー・ラマナサン
R2 ○ドゥサン・ラヨビッチ 6-4 6-3 6-4 ●プラジュネシュ・グネスワラン
R3 ○ニコラ・ミロジェビッチ/ダニロ・ペトロビッチ 7-6(5) 6-2 7-6(4) ●ロハン・ボパンナ/サケス・ミネニ
R4 ○ぺジャ・クルスティン 6-3 6-1 ●N.スリラム・バラジ
R5 ラスロ・ジェレ 打切 プラジュネシュ・グネスワラン

カナダ[6] 3-1 オランダ(カナダ・トロント/室内ハードコート)

R1 ○ミロシュ・ラオニッチ 6-3 6-2 6-2 ●ティーモ・デ バッカー
R2 ○デニス・シャポバロフ 3-6 3-6 7-5 6-3 6-4 ●ロビン・ハッサ
R3 ●ダニエル・ネスター/バセック・ポスピショル 6-4 3-6 4-6 4-6 ○マットヴェ・ミドルコープ/ジャンジュリアン・ロジェ
R4 ○ミロシュ・ラオニッチ 7-6(4) 6-3 6-4 ●スコット・グリークスプア
R5 デニス・シャポバロフ 打切 ティーモ・デ バッカー

ハンガリー 2-3 チェコ[7](ハンガリー・ブダペスト/クレーコート)

R1 ○ソンボル・ピロシュ 3-6 6-4 4-6 7-6(3) 7-5 ●イリ・ベセリ
R2 ●マテ・バルクス 1-6 2-6 4-6 ○ルーカシュ・ロソル
R3 ○ガーボル・ボルソス/ピーター・ナジ 3-6 4-6 6-1 6-2 6-4 ●ロマン・イェバヴィ/ルーカシュ・ロソル
R4 ●マテ・バルクス 7-6(4) 3-6 2-6 4-6 ○イリ・ベセリ
R5 ●ソンボル・ピロシュ 4-6 6-7(6) 3-6 ○ルーカシュ・ロソル

日本[8] 4-0 ボスニア・ヘルツェゴビナ(日本・大阪/ハードコート)

R1 ○ダニエル太郎 6-4 6-2 7-6(3) ●トミスラフ・ブルキッチ
R2 ○西岡良仁 6-4 6-3 6-3 ●ミルザ・バシッチ
R3 ○マクラクラン勉/内山靖崇 6-2 6-4 6-4 ●トミスラフ・ブルキッチ/ネルマン・ファティッチ
R4 ○綿貫陽介 6-1 6-3 ●ダルコ・ボヤノビッチ
R5 西岡良仁 打切 トミスラフ・ブルキッチ

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ(スコットランド・グラスゴー)でウズベキスタンを破ったイギリスチーム
GLASGOW, SCOTLAND - SEPTEMBER 16: The Great Britain team celebrate after beating the Uzbekistan team in the World Group Play Off during day three of the Davis Cup by BNP Paribas World Group Play off between Great Britain and Uzbekistan at Emirates Arena on September 16, 2018 in Glasgow, Scotland. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.