ATPツアー下部大会の「アトランティック・タイヤ選手権」(アメリカ・ノースカロライナ州ケーリー/9月8~16日/賞金総額5万ドル/ハードコート)のシングルス準決勝で、内田海智(富士薬品)は第4シードのライリー・オペルカ(アメリカ)に3-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間。

 24歳の内田がチャレンジャー大会でベスト4に進出したのは、キャリア初となる。

 今大会での内田は、1回戦でロベルト・シド スベルビ(ドミニカ共和国)を6-3 6-1で、2回戦でエバン・キング(アメリカ)を6-4 6-3で、準々決勝ではホセ・エルナンデス フェルナンデス(ドミニカ共和国)を6-4 6-3で破って4強入りを決めていた。

 ダブルスでは、フレデリック・ニールセン(デンマーク)とのペアで出場した松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)が第4シードから準決勝に進出し、キング/ハンター・リース(アメリカ)に6-2 1-6 [8-10]で敗れていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

日本人選手の結果

シングルス準決勝

●28内田海智(富士薬品)3-6 4-6 ○24ライリー・オペルカ(アメリカ)[4]

シングルス準々決勝

○28内田海智(富士薬品)6-4 6-3 ●31ホセ・エルナンデス フェルナンデス(ドミニカ共和国)

シングルス2回戦

○28内田海智(富士薬品)6-4 6-3 ●26エバン・キング(アメリカ)

シングルス1回戦

○28内田海智(富士薬品)6-3 6-1 ●27ロベルト・シド スベルビ(ドミニカ共和国)

ダブルス準決勝

●12松井俊英/フレデリック・ニールセン(ASIA PARTNERSHIP FUND/デンマーク)[4] 6-2 1-6 [8-10] ○13エバン・キング/ハンター・リース(アメリカ)

ダブルス準々決勝

○12松井俊英/フレデリック・ニールセン(ASIA PARTNERSHIP FUND/デンマーク)[4] 不戦勝 ●10ジェーシー・アラゴン/ロバート・ガロウェイ(アメリカ)

ダブルス1回戦

○12松井俊英/フレデリック・ニールセン(ASIA PARTNERSHIP FUND/デンマーク)[4] 6-4 6-4 ●11ベンジャミン・ロック/ネイサン・パシャ(ジンバブエ/アメリカ)

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.