フランス・メスで開催されている「モゼーユ・オープン」(ATP250/9月17~23日/賞金総額56万1345ドル/室内ハードコート)のシングルス1回戦で、ヤニック・マデ(ドイツ)が同胞のミーシャ・ズベレフ(ドイツ)を7-5 4-6 6-1で破り、2回戦に進出した。

 世界ランク120位のマデは、5月のミュンヘン以来となるATPツアーでの勝利をつかむ過程で、許した9回のブレークポイントのうち7回をセーブした。

 マデは、第8シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)が大会からの棄権を決めたため、ラッキールーザーとして本戦ドローでの一席を与えられた。

 彼は次のラウンドで、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したカンタン・アリス(フランス)と前年準優勝のブノワ・ペール(フランス)の勝者と対戦する。週末にフランスがデビスカップ決勝に至る手助けをしたペールの初戦は、水曜日に予定されている。

 今大会の第1シードは日本の錦織圭(日清食品)だ。1回戦をBYEで免除されている錦織の初戦の相手は、元トップ10のジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)対ペーター・ゴヨブチック(ドイツ)の勝者となる。

 そのほか、ルカ・プイユ(第3シード)やリシャール・ガスケ(第4シード)らのフランス・デビスカップ・メンバーたちが出場しており、第2シードは上昇中の新星、ステファノス・チチパス(ギリシャ)となっている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は錦織圭(日清食品)、9月7日、USオープンで撮影
NEW YORK, NY - SEPTEMBER 07: Kei Nishikori of Japan reacts during his men's singles semi-final match against Novak Djokovic of Serbia on Day Twelve of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 7, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.