マリア・シャラポワ(ロシア)は右肩の故障から完全に回復するために、中国・北京の「チャイナ・オープン」、中国・天津の「天津オープン」、ロシア・モスクワでの「クレムリン・カップ」の出場を取り消し、2018年シーズンを早めに終えることにすると言う。

「これらの大会でプレーすることができず残念だけれど、この期間に適切な休息をとり、回復することは重要なのです」とシャラポワはWTAのウェブサイト上でコメントした。

 現在、世界ランク24位のシャラポワは、天津のディフェンディング・チャンピオンだった。

 グランドスラムで過去に5度優勝しているシャラポワは、ウインブルドンでは1回戦負けを喫し、USオープンでは4回戦で敗れていた。

 シャラポワは彼女の2019年シーズンを、今年12月31日に中国南東部で開催される「深圳オープン」で始めることを予見している、とWTAは述べている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はマリア・シャラポワ(ロシア)、9月3日にUSオープンで撮影
NEW YORK, USA - SEPTEMBER 3: Maria Sharapova of Russia competes against Carla Suarez Navarro (not seen) of Spain during US Open 2018 tournament in New York, United States on September 3, 2018. (Photo by Mohammed Elshamy/Anadolu Agency/Getty

This article is a sponsored article by
''.