「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/東京都立川市・アリーナ立川立飛/本戦9月17~23日/賞金総額79万9000ドル/室内ハードコート)のダブルス準々決勝で、加藤未唯(ザイマックス)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)がリューメラ・キッシャノック(ウクライナ)/カタリナ・スレボトニク(スロベニア)を6-4 2-6 [10-7]で倒し、ベスト4進出を果たした。試合時間は1時間20分。

 二宮と加藤のコンビは、今季10大会目のダブルス出場。4月のフェドカップ・ワールドグループ2部プレーオフ(兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)のイギリス戦では最終試合のダブルスで日本の勝利を決め、前週の広島(WTAインターナショナル/ハードコート)で同ペアでのWTAツアー最高成績となる準優勝を果たした。

 今大会での加藤/二宮は、1回戦で小堀桃子(橋本総業ホールディングス)/清水綾乃(Club MASA)を6-4 6-3で破って勝ち上がっていた。WTAプレミア大会で同ペアが4強入りしたのは、8月のサンノゼ(WTAプレミア/ハードコート)に続いて2度目となる。

 加藤/二宮は準決勝で、第2シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/シュー・イーファン(中国)と対戦する。ダブロウスキー/シューは準々決勝で、アリシア・ロソルスカ(ポーランド)/アビゲイル・スピアーズ(アメリカ)を6-1 6-4で下しての勝ち上がり。

※写真は加藤未唯(右)/二宮真琴
撮影◎佐藤明

This article is a sponsored article by
''.