ロシア・サンクトペテルブルクで開催されている「サンクトペテルブルク・オープン」(ATP250/9月17~23日/賞金総額115 万1110ドル/室内ハードコート)のシングルス2回戦で、第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)がヤン レナード・ストルフ(ドイツ)を7-6(4) 6-4で下し、ベスト8に進出した。

 ティームの次の相手は、第8シードのダニール・メドベデフ(ロシア)だ。メドべデフはミカエル・ククシュキン(カザフスタン)を6-3 6-4で退けた。

 ロシアのベテラン、ミカエル・ユーズニー(ロシア)は第5シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)に7-6(6) 3-6 6-3で敗れたあと、テニス界から引退した。

 36歳のユーズニーはATPツアーで通算10勝を挙げ、2008年にキャリア最高の8位に至った。

 前年度覇者のダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)はギド・ペラ(アルゼンチン)を6-4 6-4で破り、スタン・ワウリンカ(スイス)の待つ準々決勝に駒を進めた。ジュムホールはファーストサービスの70%を入れ、4本のエースを決めた。

 19歳で第7シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)はマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)を7-6(6) 4-6 6-0で倒し、準々決勝に勝ち進んだ。彼は次のラウンドで、前日に第2シードがファビオ・フォニーニ(イタリア)を倒したマルティン・クーリザン(スロバキア)と対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はトロントの大会でのミカエル・ユーズニー(ロシア)
TORONTO, ON - AUGUST 08: Mikhail Youzhny of Russia plays a shot against Robin Haase of The Netherlands during a 2nd round match on Day 3 of the Rogers Cup at Aviva Centre on August 8, 2018 in Toronto, Canada. (Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.